ゴーストタウン東京 - コラム - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴーストタウン東京

- good

東京という都市は、ずいぶんと前から
土曜日、日曜日になると、人気がまったくなくなるような地域が多かった。

新橋や赤坂、霞ヶ関 そして、新宿の西口。

共通しているのは、ビジネス街ということだ。

そして、住んでいる人がほとんどいない。

住んでいた人は、地価の高騰と商店の衰退、生活のしづらさがつのり、土地家屋を売り払い

郊外へと脱出してしまった。

こういうところは、立地では、「オフィス性向が強い」と言う。

土日に人がいないばかりではない。

多くの場所は、平日の6時を回るといない。

朝も8時過ぎにならないと人は増えない。

歩く速度は速い。
余計な行動はしない。
いつも同じ人間が通る。
行動のパターンもほとんど決まっていて、通常とは異なる行動はしたがらない。

見るものもいつもいっしょ。
中には連れ立って歩く同僚も同じだったりする。

売上は、おのずと大きな制約を受ける。繁盛しにくい地域だ。

加えて新橋をはじめビジネス街はどこも、おしなべて賃料が高い。

だから、オフィス性向が強い立地は、商売(商店)に不向きである。

少なくとも、初めてお店を構えるようなところではない。

そういうところへ出店してしまえば、余程特殊な商売でもないかぎり

早々に退散せざるを得なくなる。


でも、納得いかない。

「どうして、新橋で、化粧品店なんだぁ?」と思ってた場所があった。

「きっと、OL狙いで出店したのだろうけれど、成り立つのか?」


と思っていた矢先、撤退するという情報が入ってきた。

また、ひとり立地の犠牲になった人が出てしまった。

立地をあなどってはいけないという教訓を残して。