昭和に感じる人のぬくもり - コラム - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昭和に感じる人のぬくもり

- good

紙芝居屋のおじさんが、自転車で飴を売りに来ていた頃の記憶が、
かすかにありますが、多分、まだ小学校に上がる前だったのでは
ないかと思います。

飴の値段は、確か5円くらいだったと思いますが、紙芝居の前後、
どちらで買ったのかまでは、全然覚えていません。

紙芝居の内容も記憶になく、黄金バットだったのか、怪傑ハリマオ
だったのか、今となっては、ただただ、懐かしい思い出です。

先だって、12chの「なんでも鑑定団」で、当時の紙芝居の原本
が出されましたが、それなりの値段が付いていたようで、昭和の頃
を彷彿とさせる品々は、けっこう人気が上がっているようですね。

今、振り返れば、もったいない事をしたなぁというレア物が、当時
家の中では、やたら無造作に、放りっぱなしになっていたものです。

当時、当然コンビニ等はなく、ちょっとした買物は、近くの駄菓子屋
さんとか、魚屋さんでまかない、(母の)本格的な買い物は、自転車
で15分くらいかけての県境にある商店街でした。

今の時代の便利さには、ほど遠い生活環境でしたが、一つ一つの事柄
に、人のぬくもりが感じられる時代だったように思います。

もしかしたら、今の時代、一番見失ってしまったモノなのかもしれま
せん。昭和ブームと言われる今、もう一度、あの頃のぬくもりを取り
戻そうよと、そんな心の声が、このブームの源にあるのでしょうか。

「昭和」という時代、なかなか奥深い歴史の変遷があるようです。

* ‥‥ * ‥‥ * ‥‥ * ‥‥ * ‥‥ * ‥‥ * ‥‥ * ‥‥ *
□ http://my-jinji.com/   ** あなたの立場に立ったMy人事 **
  【稼げる仕組みを大公開】  働く仲間たち(社会人)のサイトです!