自分の保身しか考えない人の得意技「論理のすり替え」 - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:文化・芸術

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の保身しか考えない人の得意技「論理のすり替え」

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回のタイトルですが、これは前々回のコラムで、

 

「自分の保身から、論理のすり替えをして、後出しジャンケンで自分を優位に立たせる」という様な行動は、
実は殆どの方達が「反応」としてされています。

 

でも私は、その様に「他者を悪者にして、自分が被害者の顔をする」様な弱い人間ではいたくないと思います。(そこのどこに愛が在りますか?)

 

そして、そんな事をして自分の心を汚すよりも、

 

人に誤解されたり、嫌われたりする事も承知の上で、「自分の言葉で、自分の事実を話す」という勇気を持つ事を、これからも私は選択致します。(※これは相手を非難する行為とは違います。私達皆が持っている権利です)

 

何故なら、その勇気がない人達が、愚痴・陰口・悪口を言う人間=エナジーバンパイアになるからです。
( ・・) ~ ▲

 

 

とお伝えした所から浮かびました。

☆_(_☆_)_☆

 

「論理のすり替え」。

これは、私が昔から実に多くの人間から感じて来た真実です。

そう!この「瞬間芸(!笑)」とも言えるものを得意とする人間は、本当に世の中に多いのです。

(^^;

 

中には過去に自分が相手に話した事を、自分の保身の為に、自分に都合の良い様に「忘れる (もしくは忘れた振りをする)」というスゴ技を身に付けていらっしゃる方もいらっしゃいます。(笑)

 

そして自分の痛い所(そう感じるのは、それが自分の真実だからです)を突かれると、お茶を濁してコソコソと逃げ出すか、ヒステリックになり話し合いができなくなるかの、どちらかの反応を示される様です。

\(◎o◎)/!

 

 

ちなみに、これは私の中に無い事なので、こういうものに遭遇する度に非常に驚きますし、「人間て、一体何なんだろ~???」と、未だに慣れるという事ができません。

「そういう事をしている人は、自分に取って果たして気持ちが良い事なのかしら???」とも思います。

(^^;??? 

 

又こうした自分の保身が先に立つ人の「心無い行為」に呑まれて、そのドラマに巻き込まれてしまう人間も多い事から(そういう方も、ご自分の無明が原因です)、この世の狂騒曲というものが奏でられているのでございます!(笑)

\(◎o◎)/~〇×▲☆◎★□◆※~

 

まぁ、こういう事をされる方達というのは、そういう行為をするから自分を尊敬(※この世で一番高尚な愛)できないという現象を、自ら引き起こしている訳ですし、自分が嘘をつくから、相手もそう見えるでしょうし (※これは自分の生きる世界を、生き地獄にする元でもあります)、

 

又「嘘をつく」という事が、いかに自分の心を汚し疲弊させるかという事をご存知無い、無明の方達なのですが、

 

その解決策としては、「自分の保身が先に立つ、愛の無い自分から逃げ回る」という事を止めて、静かにそういう弱いご自分を素直に受け入れ対峙するしか、その無明の壁を破る事はできないのですね~。

そしてその「自浄作業」は、誰もが自分でするしかありません。

(・_・;)

 

何故なら、誰も他人の心をクリーニングして差し上げる事はできないからです。

自分が自ら作って来た心の汚れは、自分が取るしかないのです。(勿論私も!)

(・。・;

 

 

 

 

 

優雅な白鳥は、昔から多くの人に愛されて来た鳥ですね~♡

白い鳥や動物を見ると、何故か心が洗われる様に感じるのは、私だけではないでしょう!~☆彡

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

ご自分を内観する時のコツは、

色々湧き出て来る諸々の感情に呑まれずに、「第三者を観る様に自分をクールに観察する」です♫

( ・・)・・・

 

どんな感情が出て来ても、自分や人を否定したり非難する事なく、クールに観察する事が要です。

又、日頃から「他人と自分とを比較する」という癖のある方は、その裏に隠された自分の「闘争心」「劣等感」というものを静かに観察されると良いでしょう。

 

そうすれば、それがいかに「自分の一人相撲という妄想」であるのかを見破れます。

(^^✿

 

そして、これも大事なポイントなのですが、

どんな自分が出て来ても、それに対して罪悪感を感じる必要はないのです。

(^^✿✿

 

人はそれぞれ、その時、その時に自分の起こす行動にはちゃんと理由があるのですから。

「その時の自分は弱くて、そういう行為を選んでしまった」と素直に認めて観察すれば良いのです。

(^^✿✿✿

 

各自が自分の自己責任でできる事は、「自分が何を感じ、自分はどうしたいか?」という"今"しかないのですから、そこにはもう過ぎ去った過去は必要ありません。

ましてやそこに「自分や他者への否定や比較」、そしてそこから生まれる「怒り」は必要ありません。

(・。・;

 

そして、これが一番大事な事だと思いますが、

 

人にはそれぞれ、オリジナルな自分の進む道と道順があり、

そこに他人は、お節介(※これもエゴの一つ)に介入してはならないという事です。(※自分と相手への敬意)

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年