【数字】をおいしく料理する方法 〜 買う気にさせる97の脳科学マーケティング#4 - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【数字】をおいしく料理する方法 〜 買う気にさせる97の脳科学マーケティング#4

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
サイトプロデュースの現場から

人は「数字」を使った表現に惹かれ

ます。

例えば、こんなフレーズを目にした

事はありませんか?



「リピート率85%を誇る・・」


「累計販売数12万個売れた・・」


「大満足と答えた方96%の・・」


「たった3分でできる・・」




こんにちは。

チームデルタの谷口です。


いかがですか、数字を織り込んだフ

レーズ。



強みや特徴を数字に置き換えて表現

すると、なぜか説得力や信ぴょう性

が増して、強く惹かれるようになる

と思いませんか?



僕らがマーケティングメッセージを

考える時、広告のヘッドラインやス

クリプトを作成する時、数字にでき

る要素がないか調査することがあり

ます。

(もちろん、こうしたクリエイティ

ブを考える前にもっともっと大切な

ことがありますが)



特に、類似したサービスが氾濫し続

け、ますます競合他社との差別化が

図りづらくなった企業にとって、


【数字】


が、思わぬ効力を発揮する場合もあ

ります。



あなたのまわりにも埋もれていませ

んか?例えば


○実績数やお客様の声


○リピート率や成約率


○商品数や限定数


などです。


もしそれが、他社よりも抜きん出て

いたり、まだ誰も発信していない数

字であれば、特徴的なメッセージに

なる可能性があります。




さて、製品やサービスの実力や魅力

を伝えるときに上手に使うと非常に

有効な「数字」ではありますが、フ

レーズの中に織り込んでも、ちっと

も効果を発揮しない数字もあります。


例えば、こんなフレーズです。


「創立40年、一貫して地域の・・」


「昭和30年の創業以来、皆様の・・」


いかがでしょうか?



Webサイトとか、会社案内のパンフ

レット、社長さんの挨拶などでよく

見かけるフレーズですよね。


商品やサービスを買おうとしている

あなたに対し、このようなフレーズ

いわゆる「宣伝文句」はどのように

伝わり、どのような効果をもたらす

でしょうか。


既にお気づきですよね?

そうです。


こうしたフレーズは、たとえ数字を

含んでいたとしても、マーケティン

グメッセージとしては、何の効果も

ありません。


なぜ、何の効果も期待できないので

しょうか・・


それは、誰に対しても、


・ベネフィット(利益)

・約束


が提示されていないからなんです。



以前、ある工務店から、サイトリニ

ューアルのご相談をいただきました。


数多ある工務店から、ここが選ばれ

る明確で強力な理由や独自性、そし

てそれらの証明など、話の中から探

り出そうと思いながらも、お伝えい

ただくのはまたしても、


「創業○十年・・」のようなお話

(笑)。



一度、戦略立てのお話から離れて、

雑談がてらマーケティングの好例を

ご紹介していた時でした。


電話の向こうから、


「実は、ある方から家を建てたいと

の相談があって、よく聞いてみると

その方のお父さんも、おじいさんも

・・」


というお話が。。



親、そしてその親と、代々がこの工

務店で家を建て、家を建てる年齢に

達したご自身も、やっぱり工務店に

相談に来たとのこと。


「実は、うちにはこんなケースがち

ょこちょこあるんですよ」


と電話の向こうから聞こえてきて、

『ハッ!』としました。



もうお気づきですよね。

これは、すごい独自性を創造し、好

印象と信頼感を醸成させる優れた情

報になり得ます。


『祖父、父、私、親子三代、みんな

ここで家を建てた』


『30年前、当社が建てた家に住ん

でいたあの小さかった男の子が、

家の相談に来てくれました』


こんなフレーズが頭に浮かびました。



「創業○十年」は、長い実績をもと

に、信頼をアピールしようとするフ

レーズです。


そしてこのエピソードも同じく、長

さをもとに信頼をアピールするもの。


そして、どちらもそれを「数字」で

証明しようとしています。


ただし、言葉から受ける印象は大き

く異なります。


前者は言ってみれば、『自分勝手な

自慢』になりがち。

後者のほうは、短いフレーズの中に

も、家族と家と時間の『物語』があ

りますよね。


家族を長い時間にわたって見守り、

人と長く強く関わる

『家』という商品をアピールする

時、どちらが読む人の心に強く残

るでしょうか。



ぜひ、あなたの周りでも探してみて

ください。

素敵なヒントが見つかるかもしれま

せん。




今回も長い文章を最後までお読みい

ただきありがとうございました。


さぁ、本日もハッピーワーキングで

まいりましょう。



今日がみなさんにとって実り多き

一日でありますように。



チームデルタ

谷口浩一


 

 

 

-------------------------------------------

そろそろ仕返ししませんか?(笑)

書いた。作った。お願いした。

でもまったく売れない。

ご登録いただけば5分以内に最初

のメルマガをすぐにお届けします 

【消費者心理学と脳科学を駆使する

マーケティングメルマガ21】

https://team-delta.jp/raku_mail/acc.cgi?id=140057576421465

-------------------------------------------

これが失敗しないホームページの

構築法です

http://team-delta.jp

-------------------------------------------

最新のコラムはこちらでもお読み

いただけます。

http://www.facebook.com/Koichi.Taniguchi?sk=notes

-------------------------------------------

コラムを読んでくださる方

お友達になりませんか?

【谷口浩一 on facebook】

https://www.facebook.com/Koichi.Taniguchi

-------------------------------------------

このコラムに類似したコラム

売上げアップのためのWEBマーケティング 服部 哲也 - SEO WEBコンサルタント(2016/03/14 22:03)

なぜSEO対策が成功しても売上があがらないのか「購買行動プロセス」 服部 哲也 - SEO WEBコンサルタント(2014/09/04 08:00)

SEOに適したコンテンツ例 服部 哲也 - SEO WEBコンサルタント(2014/09/03 08:00)