英語とスペイン語の発音の違い - 英語の発音 - 専門家プロファイル

田中 真由美
サニー英語発音スクール 代表
東京都
英語発音スペシャリスト

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)
山中 昇
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語とスペイン語の発音の違い

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語の発音

 

スペイン語の歌をマスターするために

Maria先生とレッスンをしています。


先生はスペイン人だけれど

ロンドンに住んでいたので英語もペラペラ。

レッスンはすべて英語。

 

まず驚いたことは、スペイン語の発音にv音がなく、b音になるところ。スペルはVなのに~!


英語で染みついた下唇を噛む習慣が邪魔をして

vのスペルをbとして反応できるまで時間かかりそう。

 

スペイン語で一番重要な発音は「rr」

この音はいわゆる「巻き舌」と呼ばれることが多いのですが、

実際には舌を巻いているわけではなく、舌先を急速に震わせることによって発音しています。

 

Maria先生によれば、スペイン語のネイティブも4、5歳になると

バイクのエンジン音を真似るようにしてみんな遊びながら身につけていく音とのこと。

このテクニックでネイティブかそうでないか一目瞭然らしいです。

 

私も一時間も練習していたら

何とか(!)舌がブルブル震えた音が入ってきて嬉しい。

普段使わない身体の部分を使いヘトヘトになったけれど

“スペイン人のネイティブ発音”で歌うことを夢見てがんばろう☆

  

ちなみに、英語で最も大事な発音、この音の発達なくして他の音の発達もないと

言われる「核」となる音は、次の3つです。

 

1.「s/z」 (例:spain, zoo)

2.「th」   (例:three, the)

3. 「əːr」 (例:birth) 

 

私が皆さんの英語発音を分析する時、

これらの音を聞けばその方のレベルがすぐにわかります。

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム