英検級道場-原音に忠実に理解する日本人の特徴 - 英語全般 - 専門家プロファイル

山中 昇
英検1級道場 
千葉県
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英検級道場-原音に忠実に理解する日本人の特徴

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
英語全般

日本人は原音に忠実に外国産の言葉を理解しているようです
例を3つ紹介します

■「ローハイド」の「ローレン・ローレン・ローレン」
子供の頃「ローハイド」というアメリカのテレビ番組がありました。番組の中身はきれいに忘れているのですが、「ローレン・ローレン・ローレン」の歌詞で始まる主題歌のメロディーは良く覚えています。

「ローレン」とはRollin'であって、馬で進む様子を表現する言葉です。文字を見れば間違いなく「ローリン」といういう歌詞になったのでしょうが、当時の日本人は聞いたままの音に基づいて「ローレン」という歌詞にしたのでしょうね。

■ラムネ
子供のころ、ラムネを飲むのが楽しみでした。でも、誰に聞いても、語源を知りません。
ある日、ある記事で知りました。レモネードがなまったということでした。言われてみるとうなづけます
 
アラビアのローレンスの1シーン
砂漠を超えてカイロのイギリス軍司令部に辿りついたローレンスがバーで飲み物を注文します
A large glass of lemonade, for him
とゆっくり、かみしめるように言い、連れてきたアラビア人の少年を指差します
 
■ランドセル
オランダ電電公社にOEMで製品を納めていたころです
食事しながら日本の話になり、私が、日本の小学生はランドセルと呼ぶ鞄を背中に背負うと言ったら
オランダ人から復唱を求められました
 
オランダ軍の兵士が背負う軍用のリュックサック(日本語で「はいのう」)はランセルと呼ぶ
同じ語源ではないか?
 
その後、確認はしていないのですが、それに間違いないと思います

http://mbp-chiba.com/eiken/seminar/ →6月8日の1次試験の直前アドバイスをするセミナーの紹介をしています

http://www.eiken1kyu.com →英検1級道場の活動を詳しく紹介しています

このコラムに類似したコラム

英検1級道場-通訳案内士試験2次試験実況中継 山中 昇 - 英語講師(2014/12/08 10:40)

英検1級道場-番外編 重陽の節句 山中 昇 - 英語講師(2014/09/10 00:40)

英検1級道場-恐るべし、小学5年生 山中 昇 - 英語講師(2014/08/03 22:47)

連載6: 英検1級レベル到達のための勉強方法<単語⑥> 山中 昇 - 英語講師(2012/07/04 08:53)