相続、遺留分の計算について

テーマ
  1. 遺産相続

遺留分の計算は、
1.遺留分は法定相続分の1/2
2.遺留分権利者が複数のときは、その1/2の財産額を、それぞれの遺留分権利者が法定相続分で分ける
上記は理解しているのですが、上記の「遺留分権利者」についてご質問です。
a.遺留分権利者には、「遺留分侵害額請求をされる者」を含めて法定相続分を計算するのでしょうか
b.それとも、「遺留分侵害額請求をされる者」を除いて計算するのでしょうか

以下の事例は正しいでしょうか。正しいなら「a」ということになるのですが。
構成:被相続は父、相続人は子4人→A、B、C、D (母は死亡している)
状況:・被相続人の財産は相続時200万円の現金のみ
   ・半年前に被相続人からAに600万円の生前贈与あり
   ・遺留分の算定基礎財産は800万円
遺留分侵害額請求者:B、C、Dの3人
遺留分:・相続人の遺留分は、1/2で400万円
    ・遺留分侵害額請求者3人の遺留分は各100万円(400万円÷4人、Aも遺留分権利者としてカウント)

ご回答の程、よろしくお願いします。

ご回答

2020/02/19 17:16

遺留分請求はそれぞれ遺留分侵害されている割合に応じて請求できるものとされております。

例を見ましたが、遺留分は相続人全体でなく、相続人のAについて発生するでしょう。
800万が相続分あらば、Aの法定相続分は200万、遺留分はその2分の1の100万です。
この100万をBCDに侵害割合に応じて割り付けて請求します。

岡田 晃朝
岡田 晃朝
弁護士

-

このQ&Aの回答専門家


(兵庫県 / 弁護士)

あさがお法律事務所 
この専門家に相談

お気軽にご相談ください。

主として、相続、借金問題、企業トラブルに注力しております。事務所の所在する場所が、住宅地である土地柄、離婚や労働問題などのご相談も多いです。気軽にお電話、ご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

相続、遺留分の計算について 2020/02/20 12:12 | 回答1件
相続登記について 2020/01/29 18:42 | 回答2件
意思表示ができない母の相続について 2014/12/24 16:00 | 回答1件
祖父の不動産を孫に相続したい 2016/07/07 12:57 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。