大黒たかのり(税理士)- Q&A回答「確定申告が必要になります。」 - 専門家プロファイル

大黒たかのり
資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

大黒たかのり

オオグロタカノリ
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
Q&A回答への評価:
4.7/141件
サービス:14件
Q&A:331件
コラム:967件
写真:27件
お気軽にお問い合わせください
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

非居住者の国内不動産所得

マネー 税金 2008/11/19 10:14

今年の4月より海外に赴任しております。
赴任直前にマンションを購入、法人相手に賃貸しています。
ただ、賃貸開始した時点で赴任が決まっていなかった為、現在も10%源泉で借主には処理して頂いてるとおもうのですが、実は20%源泉だということを先日知りました。
更に10%借主に負担して頂くわけにはいかず、困っています。確定申告で納税すればよいのか、それとも10%で申告すればよろしいのでしょうか?御教授願います。

ようどんさん ( 大阪府 / 男性 / 32歳 )

確定申告が必要になります。

2008/11/19 10:55
( 4 .0)

ようどんさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

非居住者の国内源泉所得(この場合、不動産所得)につきましては、確定申告が必要となります。源泉徴収された分を含めて税金の精算を行います。

手続きとしましては、国内にいる親族の方を納税管理人(代理人)に定め、確定申告を行う必要があります。
納税管理人とは、本人に代わって確定申告書の提出や税金の納付を行う人です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1923.htm

本来、20%源泉徴収のところを10%源泉徴収と誤ったのは借主の法人の責任ですので、ようどんさんに責任はありません。確定申告で税金の精算をしてください。

もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

評価・お礼

ようどん さん

責任はないとのことで、大変安心いたしました。
御丁寧な回答ありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真