倉林 志帆(筆跡診断士 書道講師)- Q&A回答「お子様が「上手にかけたと思った」と思う気持ちを大切に。」 - 専門家プロファイル

倉林 志帆
開運文字を入れて、心を込めて、作品制作を致します。

倉林 志帆

クラバヤシ シホ
( 筆跡診断士 書道講師 )
筆跡診断士 書道家 倉林志帆 
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:0件
Q&A:10件
コラム:0件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

担任の直しに子供が理解できない件

育児・教育 子供の教育・受験 2021/06/05 23:26

小学校3年生になる子供が話してきた内容です。
図工の授業で、画用紙に絵の下書きを描いていたそうです。その時に子供は、上手にかけたと思ったそうですが、担任はその下書きにもっとこうしなさいと直したそうです。
それから、何回か下書きをなおされ、そのたびに子供は、胸がもやもやして涙があふれてくると話してくれました。
先生がもっとこうしたら良くなるから、って理由でアドバイスをしてくれたんじゃない?とフォローをしてみましたが、
本人は、せっかく上手く描けたのに、なおされて心が折れるという感じでした。
同様なことが2年の時もあり、子供は何が間違っているのか分からず、一生懸命書いて上手くかけたのに、何故直されているのかわからないと泣いて学校にいきたくない!といい、しばらく送り迎えをしたこともありました。
図工は感性だから、算数や国語のように正解はないとわたしは思うのですが、
何故、直されたかが分からず、これからも自信を無くさせてしまう事が何より心配です。
デリケートな心の持ち主ゆえに、先生にも言えないとのことです。親としてはこどもの話をきき、そうだね、ママはこう思うよととにかく吐きださせるしか出来ません。
子供が伸び伸びと学べるように何かよい提案があれば教えて頂きたくご相談いたしました。

きょママさん ( 愛知県 / 女性 / 38歳 )

志帆 専門家

志帆
書道講師

- good

お子様が「上手にかけたと思った」と思う気持ちを大切に。

2021/06/10 09:44

はじめまして。

お子様は、お母様にしっかりと気持ちを伝えられて、感性は高いと感じます。自信を持って欲しいと思います。

お子様が伸び伸びと学べるように何かよい提案としては、
先生がなおしてくれることは、新しい未知な世界を広げてくれている。「こんなふうに描くんだー!」と、新しい未知な世界観を広げて、創造性を高めてくれているんだよ。と、お伝えするのは如何でしょうか?
他教科でも勉強をする時、知らないことを学んでいくのと同じで、新しい知識が増えていきます。先生が下書きをなおすのも、新しいことを学べるチャンスだと思うよ、と伝えるのも良いかと思いました。

一番は、
お子様が、図工の授業で、上手く書けた!と想う気持ちを大切にして欲しいと思います。授業を楽しんでいる証拠です。

担任の先生が、一生懸命に書いた気持ちの配慮は足りなかったように感じますが、授業には、授業計画があります。この単元で学んで欲しいと思うことを計画しています。
時間内に学んで欲しいことを伝えたい気持ちから、何回か下書きなおしをしたかもしれません。
お子様が間違っていることではなく、新しい知識を得るために学校で学んでいることを伝えても良いかと思います。
それと、生徒の事を考えていなかったら、スルーしてしまいませんか。
伸びるからこそ、生徒の事を考えて、何回か下書きをなおしたのではないでしょうか?

これから新しいことを学ぶ度に、どうして、と感じると思います。
どうして、と感じることが成長へ繋がります。
一つひとつ向き合って欲しいと存じます。

お母様のフォロー素晴らしいです!
「先生がもっとこうしたら良くなるから、って理由でアドバイスをしてくれたんじゃない?とフォローをしてみましたが・・・」
のお言葉に、
お子様の事を考えて、向き合っているのを感じます。

担任の先生も、お母様も、親身になっているように思います。
お子様が自信を無くすことはないです。
しっかりと自分の考えを持ち、素晴らしいと感じました。
個性を大切にし、これからイキイキと自信を持って前を進んで欲しいと思います。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A写真