倉林 志帆(筆跡診断士 書道講師)- Q&A回答「こころのびょうきであれば…」 - 専門家プロファイル

倉林 志帆
開運文字を入れて、心を込めて、作品制作を致します。

倉林 志帆

クラバヤシ シホ
( 筆跡診断士 書道講師 )
筆跡診断士 書道家 倉林志帆 
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:0件
Q&A:10件
コラム:0件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

腹痛

育児・教育 子供の教育・受験 2019/09/29 17:23

14才の男の子です。1月に右腹が痛いと言うので小児科に連れて行き、結果は主便がたまっているから薬飲んで様子をみることになり、でも痛みが消えないということで、市民病院を紹介してもらい、一通りの検査を全部やりましたが全く以上がありませんでした。いまだに少し痛みがあるみたいです。今は運動をできる範囲でやっていますがこころのびょうきですか?

匿名希望さん ( 女性 / 65歳 )

志帆 専門家

志帆
書道講師

- good

こころのびょうきであれば…

2019/09/30 10:05

はじめまして。いまだに少し痛みがあるのは、とても心配のことと存じます。
病気に関しては、お医者の先生だと思いますが、「こころのびょうき」であれば、いまどんなことに悩んでいるか、気になっているかなど、それとなくでも、最近の生活のことなどの話を聞いたり、温かく見守りながら、少しずつ関わること、観察することで見えてくるかもしれません。
見守って、大切に想ってくれる人がいると思うだけでも、心は癒されるかもしれません。
14歳は中学2年生または中学3年生でしょうか。
勉強や部活など、生徒を見ていても中学生は沢山活動し、沢山の悩みや不安があると思います。私は書道を通して、一人ひとりの想いに立ちながらそれぞれの体質も理解するようにしています。
違う観点からも、新たにバランス良い食事を考えたり、食を通じて、笑顔や楽しみの一つになったり、本が好きであれば、色々な本を読んだり、音楽を聴いたり、生活の中から、笑いを増やして、“笑顔”と“楽しみ”を少しずつでも増やすことも一つではないかと存じます。
早く良くなりますよう、私も願っております。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A写真