渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「老後資金の貯め方について」 - 専門家プロファイル

渡辺 行雄
ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

渡辺 行雄

ワタナベ ユキオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
Q&A回答への評価:
4.4/1,950件
お客様の声: 3件
サービス:54件
Q&A:4,789件
コラム:264件
写真:191件
お気軽にお問い合わせください
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

年収350万 独身40歳 ここからの老後資金作りを教えてください

マネー 家計・ライフプラン 2018/10/25 00:49

年収350万 独身40歳女性です。昇給も結婚の予定もありません。
神奈川在住で賃貸一人暮らしです。
貯金は140万しかありません。
こんな状況でも老後に安心して暮らせるには、これから家計をどうしていったら良いですか?
今後、老後までにいくら貯めれば良いですか?
手遅れかと思いますが、何卒宜しくお願い致します。

yhotdogさん ( 神奈川県 / 女性 / 40歳 )

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

老後資金の貯め方について

2018/10/25 11:26
( 5 .0)

yhotdogさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『こんな状況でも老後に安心してくらせるには、これから家計をどうしていったら良いですか?』
につきまして、

老後資金の準備を始めるに当たっては、まず現在の家計の状況を把握しなければ始まりません。
具体的には、例えば手取り月収金額が22万円といた場合、
食費やスマホ、公共料金など、家計支出が20万円だったとします。
そして、60歳で定年を迎えるとしたら、少なくとも平均寿命分プラスα程度の金額は最低限必要となるのですから、まずこの金額を確認しておきます。

さらに、老後を迎えた後からも家電製品などは買い換えが必要となりますので、この分の金額も予め見積もっておきます。

平均寿命を86歳とした場合、生活費として6,240万円ほどは最低限確保する必要があります。

ただし、現在の預貯金140万円。
さらに60歳の定年までにこの場合でしたら、収入金額22万円から生活費20万円を差し引いた2万円が毎月残ることになりますので、
60歳までの預貯金が480万円。

また、65歳以降は年金を受給出来ますので、その分も差し引いた金額が老後資金として時部地震で準備する金額となります。

この場合、例えば65歳から厚生年金が月額15万円相当受給出来る足した場合、
65歳から86歳までに見込み総額として、3,780万円も受給できるのですから、
ご自身で準備する金額は、あくまでも生活費分となりますが、
1,840万円ほどとなります。

あくまでも参考例として書きましたが、このように計算していくことで、
老後資金としていくらくらい準備していく必要があるのかなど、
自分自身でも計算することが出来ます。

yhotdogさんの場合、定年を迎えるまでにまだ少なくとも20年以上はあるのですから、
今からしっかりと計画を立てて貯金をしていけば、十分にまにあいます。
頑張ってください。


以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

評価・お礼

yhotdog さん

2018/10/26 20:48

的確なご回答で、問題を整理できました。
ありがとうございます。
資金作りに第一歩を踏み出せそうです。

渡辺 行雄

2018/10/27 10:15

yhotdogさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真