森本 直人(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「米ドル保険の市場価格調整についてお答えします」 - 専門家プロファイル

森本 直人
オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

森本 直人

モリモト ナオト
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
Q&A回答への評価:
4.4/546件
サービス:0件
Q&A:1,244件
コラム:168件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

積立利率変動型終身保険の市場価格調整額について

マネー 保険設計・保険見直し 2015/04/08 13:19

質問させていただきます。

ちょうど4年前に、積立利率変動型一時払終身保険(米ドル建)に子供の学資保険目的で加入しました。
保険料は25,041.78USドルです。
積立利率は2026年までは3.80%です。
毎年運用状況が記載された情報が届くのですが、その見方についての質問です。
 ・積立金
 ・市場価格調整額
 ・解約返戻金額合計
とあるのですが、市場価格調整額がマイナス表示されています。
これは今のところ損をしていると言う事でしょうか?
まだまだ解約するつもりはありませんが、
市場価格調整額というものが良く分からず
上記の3項目を分かりやすく教えていただけると助かります。

annjiさん ( 兵庫県 / 女性 / 31歳 )

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

3 good

米ドル保険の市場価格調整についてお答えします

2015/04/08 18:14
( 4 .0)

annji様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

ご質問の件、結論から言えば、市場価格調整額がマイナス表示なら、今解約すると、返戻金への影響は、プラス方向になるはずです。(為替は考慮せず)

このことを理解するためには、まずは、債券運用の知識が必要です。

債券運用においては、金利が上昇すれば、債券価格は下落する、金利が下落すれば、債券価格は上昇する、という市場のメカニズムがあります。

なぜそうなるのか。

例えば、4年前なら年3.8%の金利が付く15年満期の債券を買えたとします。

そして、現在、新規で売られている15年満期の債券の金利は、仮に年2.0%とします。

今、新たに買うとした場合、4年前の年3.8%の債券の方が魅力的な感じがしますよね。

しかし、この場合、4年前の年3.8%の債券は、市場では高めの価格で売られます。

4年前の年3.8%と、現在の年2.0%の債券のどちらを買っても有利不利はなくなるよう市場で価格が調整されます。

今お持ちの保険も、中身は米国債などで運用されていますので、中途解約時に、保険会社の損得にならないよう、上記と同じ「市場価格調整」をしているわけです。

補足

すみません、条件が同じでなければならないので、上記説明の新規の方は15年満期→11年満期と訂正させてください。

評価・お礼

annji さん

2015/06/03 10:42

丁寧なご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなりすみません。
市場価格調整額は私が購入した3.8%の商品と今の積立利率の差を調整すると言う事で合っていますでしょうか?
私のイメージ的に、解約返戻金から市場価格調整額分が引かれる(マイナス表記になっているので)のかと思っていたのですがそうではないのですね。
ゆっくり理解をしていきたいと思います。
ありがとうございました。

森本 直人

2015/06/04 13:09

annji様、再質問拝見しました。

・積立金
・市場価格調整額
・解約返戻金額合計
が具体的にいくらと記載されているのかを書いて頂いた方が、回答しやすいのかと思いますが、まずは、債券運用の仕組みをゆっくりとでも、理解するようにしてみてください。

市場価格調整額は、契約時の3.8%と、今の積立利率の差によって、生じる数字です。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム