笹木 正明(キャリアカウンセラー)- Q&A回答「1自分で解決を図る2解決不能の場合は心療内科受診で如何。」 - 専門家プロファイル

笹木 正明
仕事、勉強に真剣に取り組む人の応援団長です。

笹木 正明

ササキ マサアキ
( キャリアカウンセラー )
Q&A回答への評価:
4.2/45件
サービス:1件
Q&A:92件
コラム:37件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0467-78-0581
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

仕事に対するモチベーション

キャリア・仕事 仕事・職場 2021/02/13 01:02

仕事に対してのモチベーションがでません。
目標もなくしてしまい、何をモチベーションに働けばいいのかわからなくなってしまいました。
日々の業務を行なっているつもりでしたが、上司からはこのままだと減給すると言われるほど仕事に身が入っていないようです。
それでも特に危機感を感じることもなくそれならそれでもいいと感じるほどです。
お金を稼ぐこともモチベーションに繋がらず、一体どうすればよいのでしょうか。

匿名希望さん ( 男性 / 25歳 )

笹木 正明 専門家

笹木 正明
キャリアカウンセラー

- good

1自分で解決を図る2解決不能の場合は心療内科受診で如何。

2021/02/14 23:52

笹木と申します。
どうぞ宜しくお願いします。

私は大学浪人中、叔父の紹介によりT法務局S出張所で約半年間アルバイト経験しました。
この時上司に法務局に勤務して組織の歯車になるのは面白くない等、常識の欠けた自己主張を致しました。
転職活動をするも辞めるのは勿体ないと応募会社の人事担当者から伝えられました。
その時の上司の言葉は今も心に残っています。
「働くのは人の為ではない、自分の為なのです。」
苦労人の所長補佐でした。
また竹馬の友の父上から「どんな仕事も無駄な仕事はない、将来役に立つことがある」とアドバイスを受けました。
これらの言葉は転職相談の際活用するアドバイスです。
私の父親は給与の安い工場勤務だったので、私を遊ばす余裕はなく大学に入学できなければ働くしかなかったのです。

目標の喪失感は本人でなければ実感できないものかも知れません。
私はどんなに辛いことがあっても時間が解決できると思います。
辛いことが多々ありましたが音楽を聴くこと、歌うこと、歩くことで生き抜くことが出来ました。

心配なのは上司の言葉に対して仕事に身が入っていないようですと第三者的に記されていることです。
また減給されることになってもそれでもいいと感じられる点も心配です。
この状況が続くようでしたら心療内科に受診されるようお勧めします。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム