田尻 健二(心理カウンセラー)- Q&A回答「他にもいろいろと対処方法が考えられますので、どうぞ希望を持たれてください」 - 専門家プロファイル

田尻 健二
お望みの人生の変化への効果的なお手伝いが私の仕事です

田尻 健二

タジリ ケンジ
( 東京都 / 心理カウンセラー )
心理カウンセラー・産業カウンセラー・夢分析家 
Q&A回答への評価:
4.4/41件
サービス:15件
Q&A:79件
コラム:48件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
090-6183-2335
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

精神科を受診したほうがいいか迷っています。

心と体・医療健康 精神疾患治療 2010/06/02 17:48

仕事をして6年目になります。
子どもを生んで、仕事復帰して1年が経ちました。
3ケ月ほど前から夫が単身赴任し、子どもと2人きりの生活です。
近所に私自身の両親がいますが、今の仕事を止めたら育児は手伝わないと言われているのでがんばらなくちゃいけないのです。
そんな中、育児は育自だと言われ涙が止まりませんでした。
「一生懸命やっているつもりでも、まだまだ足りないのか・・・。
でも、確かにもっと大変な親はたくさんいる。私が甘えているだけなのかもしれない・・・。
もっともっと頑張らなくちゃいけないのか・・・。」
そんな思いでした。

仕事でも集中力が落ちました。
パソコンで検索している最中に何を探していたのか忘れてしまうことが増えました。
仕事でも必ず忘れてはいけないことを、見えるところに赤字で書いても忘れていまい、上司に「何してんの?」と聞かれて、もっとしっかりしなくちゃいけないと焦りが募ります。
周囲のスタッフたちからも「もっと周囲を見て流れに乗って仕事をしてほしい」と思われているようで無言の圧力を感じるし、直接言う人もいます。
頑張るのですが頑張る方向が間違っていると言われ、どうしたらよいのかわからず涙ばかり出ます。
どうしたらよいか一緒に考えようと言われても、考えが上手に切り替えられません。
1つの行動を否定されると私自身のすべてを否定されたような、被害的な気持ちになるのです。
これではダメだ、何とかしないといけないと思うのですが考えが上手にまとまりません。
職場で必要とされている人間ではないのです。
私がいなければ、代わりの人間を雇えますから・・・。

夫が帰ってくるとその事実が嬉しく、涙は出ません。
心配もかけたくないし、空元気を出していました。
夫がいなくなると気持ちが不安定になり涙が出ます。

死にたいとは思わないのですが、必要とされない邪魔でダメな人間だと感じています。
そんなことを思うのもイヤなのですが、マイナス方面にしか考えられません。

うつ病に当てはまる部分も多いのですが、違うような気もしています。
ただの甘えや怠け、逃避しているだけなのでしょうか?
悲劇のヒロインみたいに思い込んでいるだけなのでしょうか?

補足

2010/06/02 17:48

夜はしっかり寝ていますが、寝る前に不安なことを考えると何度も起きてしまいます。
食欲はありませんが、子どもに食事を作るので一緒に食べています。
職場でも食事を取っていないと不信がられるので、食べるようにしています。

いいたいことがうまくまとまらず、何度も書き直しました。
読みにくい点はご容赦ください。

mizumizuさん ( 埼玉県 / 女性 / 26歳 )

田尻 健二 専門家

田尻 健二
心理カウンセラー

- good

他にもいろいろと対処方法が考えられますので、どうぞ希望を持たれてください

2010/06/02 21:55

mizumizuさん

はじめまして、産業カウンセラーの田尻と申します。

> いいたいことがうまくまとまらず、何度も書き直しました。

私たち読み手が理解しやすいようにと考えてくださったのですね。
ありがとうございます。
またこのことは社会人に求められる、とても大切な心構えでもありますよね。

> ただの甘えや怠け、逃避しているだけなのでしょうか?
> 悲劇のヒロインみたいに思い込んでいるだけなのでしょうか?

もしかして、このことと精神科の受診を迷われていることとは何か関係がありますか?
ある本に「本当に困っているときには遠慮なく他人の力を借りることが出来るのが真の強さ」と書かれていたことをふと思い出しました。

それと私も、もしカウンセリングをお受けになられるのでしたら、国府谷先生もお勧めの「認知行動療法」が適しているような気がします。

また、もし仮にmizumizuさんが、ついご自身のことを責めてしまうことが多くて、そのことで苦しんでいらっしゃるのでしたら「ゲシュタルト療法」という、自分を責める心の部分と対話することで自己非難を和らげていくという方法もございます。

このようにカウンセリングにはmizumizuさんのお悩みに合わせていろいろな対処方法がありますので、どうぞ希望を持たれてください。

なお認知行動療法に関しましては、ご自身で試してみることの出来るワークブックが数多く出ています。
コラムページでお勧めの本を紹介していますので、もしご興味がありましたらご覧になってみてください。
http://profile.allabout.co.jp/pf/kenji-tajiri/c/c-38069

最後に(いろいろと対処方法を挙げてしまいましたので)もし選択肢に迷われるようでしたら、よろしければ次のようにご自身に問いかけてみてください。

「もしどの方法を選んでも最終的に満足のゆく結果が得られるとしたら…どの方法で今の辛い状況を変えたいだろうか?」

この問いから浮かんできた答えがおそらくmizumizuさんに一番適した方法の可能性が高いと思います。

では、くれぐれもご自愛なさってください。

補足

心理カウンセリングの部屋
http://oneiromancy.holy.jp/blog/

夢占い・夢診断・夢分析の部屋
http://dream-seeker.holy.jp/blog/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム