川瀬 康和(建築家)- Q&A回答「今、建替える?」 - 専門家プロファイル

川瀬 康和
機能やデザイン、コストや将来計画など建築をトータルで考える

川瀬 康和

カワセ ヤスカズ
( 建築家 )
一級建築士事務所 カワセ企画・設計 
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:0件
Q&A:4件
コラム:3件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

建替かリフォームか悩んでいます

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/08/17 11:24

築32年、在来工法の木造2階建てを購入しました。(土地は30坪強、建物延床面積も同じぐらい)傾斜地に立っておりましたので、建物検査は行い現状使用に大きな問題はないとコメントしてもらっています。(擁壁については目視です)家の構造・間取り自体はあまり気に入っておりませんが、リフォームの方がコストは安く済むと思います。一方当方30歳台後半でこれからあと20〜40年は住むことになるかと考えております。子供は生まれたばかりです。建替の方が気になる点は解消されるかと思いますが、コストが高くなることが問題点です。物件購入に住宅ローンを使用するため、できれば大きな負担はしたくないとも考えております。アドバイスいただければと思います。

補足

2008/08/17 11:24

皆様ご回答ありがとうございました。まだもう少し時間がありますので、計画も含め検討いたします。またその際にはまた改めて相談させていただきます。ありがとうございました。

KOOL.BOOSTさん ( 東京都 / 男性 / 37歳 )

今、建替える?

2008/08/17 22:42

こんにちは。30代後半の川瀬と申します。

中古住宅は、本当にケースバイケースで、実際のものを見ないと何ともいえないのですが、僕は、折角「使用に大きな問題のない」建物付の土地を購入されるのであれば、新築かリフォームかで悩むよりも、いつ建替えるべきか?を考えることをオススメしています。
中古住宅のススメ

それと「使用に大きな問題のない」検査を誰がしてくれたのかも気になりますね。
検査機構のような「保証」を伴うコメントであれば、一安心です。
売主さんが検査を行って、検査の範囲内で担保責任を負ってくれるケースもあります。
(あまり古い建物では少ないかもしれませんが)
間取りの変更を伴うリフォームをするのであれば、ある程度の耐震補強も比較的コストを抑えてできるでしょうし、きちんと「耐震基準適合証明」がでるような補強ができれば、築32年の住宅でも「住宅ローン特別控除」の適用も可能になります。

僕も中古住宅に住んでいますが、「早急に建替えなくて正解だったな」と思ったことが一つあります。中古住宅で暮らし始めると設計者さんではなかなか予見できないであろう敷地の現況が、実感として体験できるので、今後きっと良い建替えができると思うことです。
御近所さんの人柄や趣味、日差しや風向きの24時間、365日の移り変わり、そんなことを体感してから建替えても良いのかなと・・・

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム