岩崎 治之(柔道整復師)- Q&A回答「自律神経失調症関与によるパニック障害の疑い」 - 専門家プロファイル

岩崎 治之
痛みとストレスをテーマに心と身体にやさしい治療をめざします

岩崎 治之

イワサキ ハルユキ
( 東京都 / 柔道整復師 )
いわさき痛みの整骨院 院長
Q&A回答への評価:
4.5/26件
サービス:1件
Q&A:53件
コラム:175件
写真:7件
お気軽にお問い合わせください
042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院(※外部サイトへのリンクです)
自律神経研究

ストレスによるめまい、吐き気

心と体・医療健康 心と体の不調 2011/11/24 16:40

こんにちは。4年ほど前にも、一度あったんですが、たばこのにおいや温度の急激な変化による、めまい、吐き気などがあり、耳鼻科、内科で検査してもらいました。
結局原因は分からず、自律神経失調症ではないかと言われ、吐き気止めを処方してもらいました。それから環境が変わったこともあり、そのようなことはなくなりました。
しかし、最近またストレスを感じるとめまい、吐き気があるんです。実際に倒れた事や、吐いたことはありません。4年前のような温度差によるめまいはないんですが、慣れない場所(エステ、美容院など)、高所、暗所、人ごみなどの環境下にいるとどうしても気分が悪くなります。深呼吸したり、他のことを考え気を紛らわしたりしますが、いつ吐くんじゃないか、倒れるんじゃないかと思うと、またストレスを感じてしまい悪循環になります。
何か対処法はありますか?
やはり心療内科などを受診するべきなんでしょうか。

補足

2011/11/24 16:40

補足ですが、症状としては他に、呼吸が浅くなったり、呼吸の仕方がわからなくなったりしたこともあります。あるサイトで腹式呼吸が大事と知って、吸って吐いてを深くすることや、吐く方を長くしたりしますが、腹式呼吸でお腹に力を入れると余計に気分が悪く感じることもあります。

marimon5518さん ( 兵庫県 / 女性 / 31歳 )

岩崎 治之 専門家

岩崎 治之
柔道整復師

1 good

自律神経失調症関与によるパニック障害の疑い

2011/11/26 16:02

はじめましてmarimon5518さん

岩崎アンチエイジングメソッド西新宿出張所 所長の岩崎といいます。

ご質問内容
A 
最近またストレスを感じるとめまい、吐き気があるんです。実際に倒れた事や、吐いたことはありません。

Q
ストレスにより自律神経系の交感神経が緊張してしまい脳血流などの微小循環障害により
三半規管(内耳)にリンパ水腫が溜まり、めまいと嘔気が起きると推測いたします。

いわゆる季節の変わり目や気候変動で発症しやすい「メニエル症候群」と考えられます。


A
4年前のような温度差によるめまいはないんですが、慣れない場所(エステ、美容院など)、高所、暗所、人ごみなどの環境下にいるとどうしても気分が悪くなります。深呼吸したり、他のことを考え気を紛らわしたりしますが、いつ吐くんじゃないか、倒れるんじゃないかと思うと、またストレスを感じてしまい悪循環になります。


これは慢性的な自律神経失調症がベースとなっていて、反応性うつ(身体症状が長引くことによる抑うつ状態)から広場恐怖、閉所恐怖など典型的はパニック発作であると思います。


さて、自宅で出来ることは、ゆっくり深く深呼吸を頻繁にしてください。また、午後からウォーキングや軽めのストレッチをしてください。

状況が変化しない場合は、心療内科を受診する前に代替補完医療分野の国際基準もしくは容認基準のカイロプラクティックをホームページ(院長プロフィール)でお調べになるか、ストレスアプローチを得意としているカイロプラクターなどの治療院を選んでください。

東京方面でよろしければ毎週火曜日限定ですが岩崎アンチエイジングメソッド西新宿出張所(新宿アイランドタワー20F モバフ新宿アイランド内)にお越しください。

カウンセリングと「上部頸椎ストレス解放テクニック」というストレスと痛みなどのコントロールを目的とした施術をご提供いたします。

問い合わせ http://www.iwasaki-laser.net

参考コラム http://profile.allabout.co.jp/w/c-60102/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真