真山 英二(不動産コンサルタント)- Q&A回答「重要事項説明書の記載間違い」 - 専門家プロファイル

真山 英二
正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

真山 英二

サノヤマ エイジ
( 神奈川県 / 不動産コンサルタント )
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.7/423件
サービス:1件
Q&A:946件
コラム:96件
写真:2件
お気軽にお問い合わせください
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

重要事項説明書の記載間違い

住宅・不動産 住宅賃貸 2016/07/21 21:53

よろしくお願いします。

賃貸に入居して3ヶ月経つのですが、契約(重要事項説明)の際、都市ガスと聞いていたのにガス代がやけに高いと感じ、ガス社会に確認したところLPガスを使用していると言われました。
そこで再度、重要事項説明書を確認したらやはり都市ガスの記載がありました。
都市ガスとLPガスでは費用が違く、当方としてはかなり負担になるため退去を考えています。
この場合、契約を無効にする事は可能なのでしょうか?

ユーウさん ( 神奈川県 / 男性 / 31歳 )

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

4 good

重要事項説明書の記載間違い

2016/08/06 09:06

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

都市ガスと思って契約したものの
LPガスだったの契約を無効にしたいとの
ことですが、この一点のみを理由に
契約の無効、解除を要求するのは
難しいと思います。

今回締結した賃貸借契約の目的が、
その部屋に居住することであり、
ライフラインとしてのガスも
使用できているのであれば、
契約の目的自体は達成できています。

ただ、都市ガスとLPガスの違いによって
毎月の費用に差が出てしまっています。

重要事項説明書で都市ガスとLPガスの
記載に間違いがあり、
こちらとしてはその説明を受けた上で
契約を締結したのであれば、
媒介(仲介)をした不動産業者に
責任があります。

どこまで、責任を追及するのかは、
ユーウさん次第です

まずは、媒介(仲介)をした不動産業者に
都市ガスとLPガスの差額を
なんとかして欲しいと話し合ってみるのが
良いと思います。

その上で、誠意ある対応が見られなければ
どこまでやるのかということになります。
(最後は損害賠償請求等の法的手続きです)

今回、宅建業者としての義務である
重要事項説明書に間違いがあるので
行政指導や裁判等になれば、
こちら側がそうとう有利に事を運べます。

まずは、業者と話し合い、それでダメなら
行政(神奈川県なら宅建指導班)に相談し、
それでもダメなら、弁護士等に相談して
法的手続きといった流れになると思います。

ここからは個人的な意見となりますが、
裁判等の法的手続きは、時間とお金と
精神的な負担がとてもかかります。

どこか納得できるところで
折り合いがつくことを願っています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真