藤森 哲也(不動産コンサルタント)- Q&A回答「新築分譲のマンションと戸建について」 - 専門家プロファイル

藤森 哲也
将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

藤森 哲也

フジモリ テツヤ
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.6/422件
サービス:6件
Q&A:1,091件
コラム:337件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

新築分譲のマンションと戸建について

住宅・不動産 不動産売買 2018/02/26 00:23

新築分譲のマンションと戸建について質問なんですが、新築分譲マンションはディベロッパーが主に直接販売されますが、新築戸建てに関しては仲介会社が販売するという点です。
同じ新築でもマンションはディベロッパー販売で、戸建てはなぜ仲介会社から紹介できるのでしょうか?
違いがわからないので、詳しい方お手数ですがご返答頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

TK134さん ( 神奈川県 / 男性 / 34歳 )

藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

新築分譲のマンションと戸建について

2018/02/26 11:30

TK134様
はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、新築マンションの分譲をしている売主は、
住友不動産、野村不動産、東急不動産、三井不動産といった財閥系が多く、
販売を担当する、住友不動産販売、野村不動産アーバンネット、東急リバブル、
三井のリハウスとった子会社が全国に多数ございます。
これらの子会社は自社の新築マンション以外にも、土地や中古マンションなど、
中小の仲介と同じように他の仲介業務も行います。

新築戸建てに関しては、このような財閥系の売主は少なく、販売の規模としても
全国に販売を担う子会社を幾つも持つようなものではありません。
企画や土地の仕入、建築、そして完成した家を販売することで利益となりますが、
販売に関しては財閥系のように何社もの仲介を設立・維持していくことは困難ですから、
幾つも存在する仲介会社が、財閥系の販売担当の子会社の役割を担う立ち位置として
物件の販売活動を行い、契約が成立すれば売主から仲介へ手数料が支払われるという
仕組みになります。


最近では、販売専門の仲介を子会社として設立する売主も増えてはきています。
しかし専門外の仲介子会社は設立しても1社か2社程度で、しかもその子会社が
優秀な人材を確保できるかどうかや、他の仲介会社より優れた販売力を備えられる
かどうかは別問題です。
そのような事情から自社で子会社を持つより、または1社仲介を設立はしたものの、
たくさんの買主を見付けてくれる優秀な仲介には、手数料を支払って販売部分を
担ってもらうという関係が成立しています。


仕組みや関係性が分かりづらい業界ではありますが、購入希望者を騙すなどを
目的にできた不自然な仕組みではなく、互いに足りない部分を補うことで
共存共栄している業態と、すべて自社で行える規模の数少ない財閥系数社との
当然の違いとも言えます。

以上、ご参考になりましたでしょうか。
アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/  藤森哲也

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真