ビジネス英語:テレカンファレンスをどう乗り切るか? - ビジネス英語 - 専門家プロファイル

ベイサイド・イングリッシュ 代表
神奈川県
ビジネス英語コーチ
045-781-5015
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)
山中 昇
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス英語:テレカンファレンスをどう乗り切るか?

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. ビジネス英語

テレカンファレンスをどう乗り切るか?

■時差によって

外資系の会社では、本社がどこにあるかによって、(例えアメリカでも、西海岸・東海岸・南.etc.によって)
テレカンファレンスが多くなるか、Eメールでのやりとりが多くなるかの分かれ道になることがあります。

もちろん、海外のクライアント企業が世界各国にある場合や急ぎの場合には、
否応なくテレカンファレンスやビデオ会議が好まれたり、電話でのやりとりも不可欠になります。

あなたは、現在どのような準備をされていますか?それらの会議に出席され、積極的に発言していますか?


■ビジネス・カルチャーの違い

アメリカを例にとると、会議では黙っているより、発言することが当たり前ですし、
新しい考えや提案をするために、会議にでることは普通のことです。何もしないなら、
ただ聴くだけならテレカンファレンスに出席する意味はないと考えています。

他にも、参加者同士が話していても、自分が発言したければ、躊躇なく二人の話を遮り、話そうとします。
また海外に住んだことがなかったり、他の言語を学んだことのないアメリカ人は、

ネイティブではない参加者のために、ゆっくり話そうと努力しない、
考える時間を与えてくれないことも、普通にあります。


■あなたのテレフォンカンファレンス対策は?

だからこそ、事前の「十分な準備」が、私たちノンネイティブには求められます。
自分がプレゼンや説明を行う場合は、当然しっかり準備を行いますが、

出席者の一員として参加する場合にも、十分な準備が必要ですし
発言するために必要な語彙・表現、スキルがあります。


■テレカンで役立つ語彙・表現

とくに私たち日本人が苦手なのは、相手の話を遮ること(iterrupting)。
そして、相手の話を遮って、自分の発言をすること(holding your turn)です。

ネイティブが多い会議では、話そうと思った時には、すでに次の議題に移っていたなんてこともよくあります。
2~3名の会議では、問題ないレベルの英語力をお持ちの方も、
5名以上など参加者が多くなるに従って、発言できなくなる傾向にあります。

そんな時には、とりあえず、何か言うこと。何か言葉を投げかけること。
何を言おうか考える前に、まず自分の発言の順番を確保することが先決です。

"Excuse me, Um..."

"So..." 

"Do you mean, uh..."

"Ah, you know..."

"Well,..."

こんな簡単な単語で、大丈夫です。
まずは、発言する意思を示すこと、そして、次に自分のペースで話し始めることです。

"Excuse me.  I have something to add here."

"So, this is what we need to do. ...."

"Uh, ... I would like to  know...

"Well,.. Can you tell me...?"


■機会に合った表現を学ぶ

他に、テレカンファレンスやミーティングでは、どのような機会があるでしょうか?

・会議を始める

・(参加者に)依頼する

・提案する

・確認する(繰り返し言ってもらう。言い換える)

・要約する、発言内容をまとめる

・発言を促す

・会議を終了する、締める

これらの機会に適した表現や、英語スキルを学ぶことで
あなたのやる気や能力を、十二分に発揮していただくことができます。

英語は私たちの母国語ではありません。
間違って当たり前です。

どうなるかなど、先のことばかり心配せずに
まずは、適切な語彙・表現、スキルを学び、練習を繰り返すこと。

そして、思い切って発言権を確保すること。そして発言する。

十分な事前の準備をしておけば、あとは、野となれ山となれ(笑)。

自分がまず、コントロールできることを、精一杯取り組んでください。

そして、気兼ねせず、ネイティブとガツガツやりあってください^^。

   ↓↓↓↓↓  

*今日の言葉*
"Talent is cheaper than table salt.
What separates the talented individual from the successful one is a lot of hard work. "
-- Stephen King, author

ビジネス英語専門レッスン
&英語学習のコンサルティング

英語力UPの最後の砦! ベイサイド・イングリッシュ

ベイサイド・イングリッシュ:
個人専門ビジネス英会話
法人専門ビジネス英会話
英語コーチ! 
Bayside English 
世界の経営理念 
ツイッター: baysideenglish

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ビジネス英語コーチ)
ベイサイド・イングリッシュ 代表

ビジネス英語コーチ:ビジネス英語学習者の問題を解決しています

ビジネスの現場で「自信をもって使える英語」を習得するために、業界で最も厳しい基準で選ばれたネイティブ講師と共にあなたの課題と対策を講じます。プロフェッショナルの講師とのレッスン、ビジネス英語コーチングでの習慣化で目標とする英語力を達成します

045-781-5015
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

英検1級道場-悲喜こもごも-2014-3速報結果集まる 山中 昇 - 英語講師(2015/01/28 22:44)

英検1級道場-2次試験対策-今日スタートの受講者あり 山中 昇 - 英語講師(2014/12/13 13:07)

▼読んで良かった英語本ランキング Vol.2 中尾 匡宏 - ビジネス英語コーチ(2014/06/16 18:50)