家族信託について

テーマ
  1. 遺産相続

実家の母親が不動産賃貸業をしています。
高齢になってきたので念の為の認知症に備えて色々と調べている最中です。

任意後見契約を考えましたが、後見制度は家庭裁判所・後見監督人への定期的な報告義務の負担や後見監督人報酬の負担がずっと続く制約があり、大変でデメリットが多いと感じます。出来れば利用したくありません。

家族信託の制度の方が自分達が求めている形に近いので家族信託の契約を結びたいと考えているのですが、色々問題があります。

・認知度が低いので母親が契約の内容を理解できない可能性がある。
・また理解できたとしても財産を子供に移動することに関して抵抗がある。
・契約書を作成するにあたって行政書士の方に相談する事になると思いますが、精通している方が少ないように感じる。
・認知症にならなかった場合は費用がかなり高額になる。

「認知症になった時点で契約を開始させる」と条件を入れて契約書を作ることは可能でしょうか?
それが無理なら必要書類等を一式準備しておいて認知症の兆候が見られたら名義変更、契約開始手続きをするのが現実的でしょうか?

出来れば私としても母が元気なうちから名義変更はしたくはありませんが、何もせずにいて成年後見人制度を利用する事は避けたいと思います。
母親が納得できない場合は任意後見契約をした方がよいでしょうか?

家族信託(民事信託)に関してのご相談について

(5.0) | 2017/10/02 18:17

ご質問いただき、ありがとうございました。
古川といいます。

私どもの会社は不動産管理会社ですが、高齢のオーナー様から信託のご相談を受けることがよくあります。
弊社も私も家族信託について勉強をしてまいりました。

迷迭香さまの言わtれるように、まだ家族信託に精通している専門家が少ない状況にあります。
私どもがお付き合いのある司法書士の司法書士法人は民事信託の書籍を出版されている事務所で、また信託組成(信託契約を作成、締結することを組成といいます。)の件数も多い信用できる事務所です。

一度その事務所の先生とアポイントを組まさせていただきますので、ご相談されてみてはいかがでしょうか。ご相談に関しましては私からのご紹介ということで無料で対応させていただきます。
また、相談したからといって、その先生にお願いしなければならないというものでもありませんので、ご安心ください。

このメールへ返信いただいてもかまいませんし、お電話をいただいてもかまいません。

もちろん、簡単なご質問につきましては、私もある程度勉強もしており実務にもかかわっているためお答えできますが、私といたしましてはせっかく著名で経験豊富な司法書士の先生をご紹介できる状況ですので、その方が誠実な対応であると思った次第です。


なお、ご質問については状況等にもよりますが、簡単にはお答えさせていただきます。

1「認知症になった時点で契約を開始させる」と条件を入れて契約書を作ることは可能でしょうか?

ご質問のような条件をつけることは可能です。

2母親が納得できない場合は任意後見契約をした方がよいでしょうか?

この点については状況や先生によって意見がことなるかと思います。
私としましては、まだお母さまが元気なうちから信託をしておくことがスムーズに資産管理を行え、形式上名義が移るとしてもお母さまが管理ができなくなるわけではなく不満があれば契約を解消できるので信託の方がいいのではと思っています。また、信託財産の範囲を限定することもできます。
また、任意後見契約を締結するにしても費用がかかるものです。ご家族で管理できるのであれば、その方がコストも低く抑えられるのが一般的ではないかと思われます。
迷迭香さまがお母さまのことを心配されていることをお話ししてご理解いただくのがいちばんいいのではないでしょうか。

迷迭香さまが言われるように現行の後見制度は硬直的な制度で、ご家族としては以後手間がとられるものになっています。お母さまがどうしても家族信託は不安ということであれば、任意後見契約をしておくというのは意味があると思いますので、次善の策としてはいいのではないかと思います。

繰り返しになりますが、ぜひ一度、家族信託に精通した先生にご相談いただければと思います。よろしくお願いいたします。

古川順弘(ふるかわよりひろ)
株式会社アレップス総務部課長
furukawa@town-group.jp
080-5955-3163

評価・お礼

迷迭香さん (2017/10/04 15:55)

お忙しい中、ご回答ありがとうございます。

条件をつけて契約書作成が可能なことが分かりがことが分かり安心しました。

介護、相続に関連しそうな事柄を色々調べ始めたばかりで、頭の中が整理できていない状態です。
本やネットでの情報をもとにしたにわか知識ばかりで、これから勉強をしなくてはと思っています。
質問できる場があるのを見て後先考えずに質問してしまいました。
せっかく行政書士の方に相談できる機会を作っていただけるのであれば、状況を整理し落ち着いてからと思い直しました。
ですのでその時は改めて連絡を取ってお願いしたいと思っています。よろしくお願い致します。
ご回答をいただき、感謝いたします。ありがとうございました。

古川 順弘
古川 順弘
不動産コンサルタント

-

このQ&Aの回答専門家


(不動産コンサルタント)

株式会社アレップス 
この専門家に相談

将来のライフスタイルを見据え、豊かに暮らせる賃貸物件をご紹介

お客様の「将来のライフスタイル」を見据え、豊かに暮らせる賃貸物件のご紹介を行っています。物件探しからご契約、ご入居後までトータルにサポートいたします。また大家様への物件管理・メンテナンス・トラブル対応といった各種サービスもご提供しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

相続登記と相続税について 2016/07/08 18:49 | 回答1件
父の相続破棄と祖母の相続について 2015/12/08 10:42 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。