末永 真一(留学コンサルタント)- Q&A回答「カナダですと継続して留学は可能です」 - 専門家プロファイル

末永 真一
留学を通じた夢実現のお手伝い、お任せください

末永 真一

スエナガ シンイチ
( 東京都 / 留学コンサルタント )
Canada Japan Consulting Services Ltd ディレクター
Q&A回答への評価:
5.0/6件
お客様の声: 5件
サービス:3件
Q&A:9件
コラム:2件
写真:2件
お気軽にお問い合わせください
03-4405-3370
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

高校1年生の息子の留学について

人生・ライフスタイル 海外留学・外国文化 2015/02/24 17:25

息子は現在、アメリカのコロラド州で交換留学中です。
最近になって高校2年生からも引き続き留学生活を続けたいと言ってきました。
現地の学校は公立高校ですので、受け入れの継続はできません。したがって、その場合は2年生から通う高校を探さなければなりません。
アメリカの学校だと私立高校のみで、カナダであれば公立高校でも留学できるという認識でいますが、実際そうなのでしょうか。
なぜ、引き続き海外で勉強したいのか理由を息子に尋ねたところ、せっかく楽しくなってきたところだからという返事でした。
親として考えているのは、まず、交換留学であるため、大学進学のために勉強しているというよりは文化交流に重点が置かれているので英語が理解できると比較的勉強が易しいこともあり、日本に帰国後の受験勉強から逃げたいがために海外にいたいと言ってきたのではないかということです。私は留学を経験することで新たに現地で追究したい学問ができたり、海外でしかできない新たな目標ができたのなら、それを説明してほしいと伝えました。また、親を説得できるくらいの強い気持ちがなければ認められないとも申しました。さらに、日本の大学は卒業してほしいと、その後、勉強したい専門分野を海外の大学に留学して学んでもよいのではないかと、親の意見も伝えました。その返事はまだこない状況です。
そのように息子には突きつけてはいますが、こういったケースの留学先としてどのような選択肢があるのか、留学後の進路で注意すべき点など、私の方でも準備はしておく必要があります。調べてもなかなか該当する内容が見つからなかったので、こちらで相談させていただきました。
今の息子にどのようなアドバイスをしてあげることが最適なのか専門の方からのご意見をよろしくお願いいたします。

jinko1531さん ( 神奈川県 / 女性 / 44歳 )

末永 真一 専門家

末永 真一
留学アドバイザー

1 good

カナダですと継続して留学は可能です

2015/02/25 07:24
( 5 .0)

こんにちは。
カナダジャーナルの末永 真一と申します。

まずはご質問の件ですが、アメリカの公立高校では外国人は1年しか在籍できませんが、カナダの高校の場合は卒業まで在籍可能です。

もしお子様が本当に継続して留学をご希望で、ご両親もそのことに納得なさっており、予算的に問題がないのでしたらご希望どおり海外で高校生活を継続なさるのがよろしいかと思います。

高校生の段階できちんと自分の意思を持って将来のことを考え、留学する、と言うのは難しいかもしれませんが、日本の高校生活と違った様々な経験がお子様を成長させているというのは事実だと思います。 動機がどのようなものであれ、そのような環境をお子様に提供できるのはすばらしいことだと思います。

交換留学中と言うことは、現在は日本の高校に在籍なさっているということですよね。
日本の高校のほうで継続して海外での留学を認め、活単位が認定されれば問題がないのですが、この部分は一度日本の現在在籍している高校に相談なさったほうがよいかもしれません。

追記ですが、傾向としまして、日本からの留学生は留学しているだけで自分の英語力が伸びていると錯覚してしまいがちなところがあるように思います。いままで大学進学を目の前にしてTOEFLなどを受験し、そのスコアの低さに愕然として急に焦り出す留学生を多く見てきました。
G11, G12とカナダの公立高校で過ごし、日本の大学進学に向けての準備をするならば今から計画的に始められることをお薦めします。

なお、今年の9月からの編入をご希望の場合は、お手続きを早急に進めないと間に合わない恐れもございます。

参考にして頂けますと幸いです。

評価・お礼

jinko1531 さん

2015/02/25 08:37

貴重な情報を提供していただき、ありがとうございました。
カナダ留学ならば公立高校でも可能なのですね。
ただ、在籍している日本の高校では留学は1年間のみ単位交換が認められていますが、延長はできず、カナダでG11,G12を過ごすのであれば退学しなければなりません。
そのような場合は交換留学の1年間で元の高校に戻り、日本の大学、もしくは海外の大学進学、あるいは日本の大学を卒業後に海外の大学か大学院に留学するという選択をすべきなのでしょうか。

日本人留学生の英語力の錯覚のお話を伺って、私も同じ危機感を持っています。
息子にはTOEFLを留学中に何度か受験するように言ってきましたが、まだ一度も受けていないようです。客観的に英語力を判断するためにも早いうちからTOEFLの受験を定期的に行うことが必要ですね。

カナダの公立高校に編入する場合のタイムリミットはいつだと考えておけばよいでしょうか。
もし、お答えいただけるのであればよろしくお願いいたします。

末永 真一

2015/02/25 09:23

本気でお子様とお話をされ、ご家族とも納得なされば、日本の学校を辞めてカナダの高校に進学する方向もありだと私は考えます。

 ただ、今までの友達関係などもあると思いますので、それほど簡単ではないかもしれませんし、アメリカの高校ではよくても、カナダの高校でなじめない、と言うケースもありますので、よほどの覚悟が必要かと存じます。

既に一部の高校では入学手続きを締め切っておりますので、きちんと学校や学区を選びたいのでしたら明日からでも相談をなさることをお勧めします。 昨年度の例ですと、5月あたりまで入学を受け付けている高校はございましたが、人気の高校はすぐに埋まっておりました。

ご希望の場合はカナダで日本人専門に高校留学をサポートしている会社をご紹介いたしますのでお気軽にご依頼くださいませ。(相談は無料です)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真