川井 太郎(メディカルボディチューナー)- Q&A回答「尾てい骨付近の痛みについて」 - 専門家プロファイル

川井 太郎
身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

川井 太郎

カワイ タロウ
( 東京都 / メディカルボディチューナー )
川井筋系帯療法治療センター 院長
Q&A回答への評価:
4.5/106件
サービス:0件
Q&A:376件
コラム:259件
写真:3件
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

尾てい骨の痛み

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2010/03/11 17:03

左側の尾てい骨が1月下旬から時々痛みます。座ると骨が当たる感じがします。昨日から太ももの裏側に、今までとは違う感じの違和感があります。夜寝ているときには、右の尾てい骨も痛みがありました。坐骨神経痛ですか?かかとも痛くなります。両足に出ると良くないそうですが大丈夫でしょうか?整体に3回行ってますが、成果が出ているのか不安です。針灸も試してみたいと思いますがいかがなものでしょうか?お願いします。

かぼままさん ( 千葉県 / 女性 / 45歳 )

川井 太郎 専門家

川井 太郎
あん摩マッサージ指圧師

- good

尾てい骨付近の痛みについて

2010/03/14 19:16
( 5 .0)

はじめまして川井筋系帯療法の川井太郎と申します。

ご様子からすると、

体の土台となる骨盤が傾斜やねじれを起こして、骨盤後側の骨と骨のつなぎ目である仙腸関節(いわゆる尾てい骨の上方にある関節)にズレが生じているか、または、左右股関節の機能角度が偏位してしまい、周辺の筋肉が過剰に緊張したり、坐骨神経などを圧迫して痛みが出ている可能性がありますね。(腰部骨盤帯のゆがみ)

仙腸関節は脚を動かす筋肉が付着するため、脚の動き方によってはズレが大きくなったり逆に脚の動きを制限したりして痛みが出やすくなります(脚上げ、開脚、歩行、前屈など)。

参考Q&A:仙腸関節のズレによる腰痛
http://profile.allabout.co.jp/pf/kawaikinkeitai/qa/detail/29060

骨盤仙腸関節のズレや骨盤を支える股関節角度偏位などは、西洋医学上あまり問題とされないため、病院での検査では「異常なし」とされることもよくありあまり不得意な分野といえます。

このようなケースは信頼のできる手技療法専門家(整体やカイロなど)で、

骨盤や股関節、腰椎部などの機能的状況、周辺筋肉の緊張状態の有無をくわしく分析して、適切に機能できる自然な状態(ニュートラルポジション)に整えることが望ましいでしょう。


当院では、「身体のゆがみ」がよくわかるモアレ写真を用いて身体状況を科学的に詳しく分析しています。


年齢的にも身体に様々な問題が起こりやすい頃ですので、
状況があまり思わしくない場合には、ご利用くださいね。

ご参考になれば幸いです。


身体不調の原因「身体のゆがみ」をモアレ写真で科学的に分析!

**病院でよくならなかった頭痛・首肩こり・腰痛・慢性疲労・アトピーなど専門
体にやさしい骨盤ゆらゆら整体! 川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/

評価・お礼

かぼまま さん

ありがとうございました。
今通っている整体を続けてみます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真