浜田 肇一(工務店)- Q&A回答「広葉樹、針葉樹で硬さや触感が違います。」 - 専門家プロファイル

浜田 肇一
スケルトン&インフィル設計で、長く快適に暮らせる自由な家を

浜田 肇一

ハマダ トシカズ
( 福井県 / 工務店 )
濱田建設株式会社 代表取締役専務
Q&A回答への評価:
4.4/7件
サービス:0件
Q&A:24件
コラム:522件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
0770-22-0283
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

無垢のフローリング

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/10/22 11:22

只今、新築打ち合わせ中です。
そこで質問ですが、2階のフローリングをナラ・タモ・桐あたりで検討しておりまして、柔らかさや暖かさなどから桐が気に入っているのですがかなり柔らかいので傷は覚悟してくださいと言われています。無垢材を決めた時点である程度の狂いや反り・傷は覚悟の上ですが桐を採用した場合に10・20年後の見た目は傷だらけでみすぼらしい感じになってしまうのでしょうか?2階はセカンドリビング・寝室・子供部屋の間取です。
子供は赤ちゃんなのでこれからミニカーなどのおもちゃで傷をつけるんだと思います。
無垢フローリングにて経年美化と言うよりも経年劣化になってしまうのでしょうか?
その他におすすめ木種あれば教えてください。
節のあるものはあまり好みませんのでよろしくお願い致します。

ぽんぽこりんさん ( 三重県 / 女性 / 34歳 )

広葉樹、針葉樹で硬さや触感が違います。

2009/10/25 15:56

  ナラ・タモに代表される広葉樹は、空隙が少ないので比重が重く、硬い木が多いのですが、

 その中でも桐は広葉樹なのですが、この樹種のみは柔らかいです。
 
  一般に広葉樹は、硬いので傷がつきにくいのですが、冬ヒヤッとする、

 歩くと疲れるというデメリットがあります。

  針葉樹系は、杉、松、桧など空隙があるので温かみがあり、ヒヤッとしません。

 また、歩いて空隙があるのでやわらかく疲れないというメリットはありますが、

 傷がつき易いというデメリットがあります。
 
  生活スタイル、内装デザインに合わせてで選んでいく事になると思いますし、

 傷や汚れの問題については、価値観の問題にもなりますのでこの場では差し控えさせて

 頂きます^_^;。

  ただ、部屋のイメージが既製品をあまり使っていないような、木をふんだんに使った

 内装であれば、床も合わせて経年劣化を楽しめるのだとは思います。
 

補足

 ちなみに・・・私の自邸では、リビングダイニングでは、

広葉樹のケンパス(南洋材)を使っています。子供の幼稚園が、

カリンを張っていたので、そのイメージに近い物を・・・

と思っていたのですが、カリンは値が張りますので、それに似た樹種、色合いで

ケンパスを選択しました。JRの枕木にも使われている堅木で強度は抜群で、

色合いもいい感じです。汚れや、傷に強いため選定しました。ちなみに・・・

塗装品でクリアラッカーを塗ってありますので、表面は汚れに強いです。

自然塗料を塗るか、ウレタンやラッカーの塗装品を使うかという点は検討が必要ですが・・・

(堅木の多くは、外国製ですので、現地で塗装を済ませて製品として日本に入ってくる

場合が多いです。)

 子供部屋、寝室関係は、針葉樹のレッドパインを張って、オスモカラーを塗ってあります。

こちらは、傷があまりつく部屋ではないということと、裸足で過ごす事が多いため、

そうしました。

 シンプルモダン系では、ブラックウォールナットやピンカドなどの樹種も良く使われます。

 お答えになっていないかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。m(__)m

 For The Customer 〜全ては顧客のために〜
 http://hac.meblog.biz/
 http://ameblo.jp/hac/
 http://いえひと.com/
 http://www.tukurite.jp/
 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真