運営 事務局(編集部)- Q&A回答「過度に心配しなくて大丈夫ですよ」 - 専門家プロファイル

運営 事務局
登録している専門家やQ&Aやコラムといったコンテンツをご紹介

運営 事務局

ウンエイ ジムキョク
( 東京都 / 編集部 )
専門家プロファイル 
Q&A回答への評価:
4.6/4,392件
サービス:1件
Q&A:13,515件
コラム:6件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-6869-6825
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ハイパーインフレや預金封鎖について

マネー お金と資産の運用 2008/07/06 09:39

30代の会社員(正社員)です。
ハイパーインフレや預金封鎖について、今後そのようなことが起きる可能性はどれぐらいあるのか、専門家の意見をお伺いしたいです。

自分なりに本を読んだりネットで調べたりしても、「ハイパーインフレなんて来ない」という意見もあれば、「株券の電子化は国民のタンス資産をあぶりだすためのものだ。近い将来ハイパーインフレと預金封鎖は必ず起こる」という意見もあり、迷っています。
ですが、預金封鎖という事態になれば、自分の貯金が
がすべて紙クズになるといいます。ロシアやアルゼンチンの例を読みました。

怖くて投資信託や株などの資産運用に手が出せません。

預金封鎖への対応策として、不動産の購入、金の購入、海外預金口座の開設などがあげられていましたが、不動産はある程度ローンを組まなければ買えず(しかもハイパーインフレなどがないなら、定年退職後に不動産は買おうと思っています)、海外預金口座の開設といっても、金融の素人がいきなりそんなことをして大丈夫かという心配もあり、金の購入ならなんとかできるかな・・という状況です。

冒頭の質問に戻りますが、ハイパーインフレと預金封鎖は起こる可能性はどれぐらいでしょうか?起こるとしたらその際にどのような防衛策を講じればよいでしょうか。よろしくお願いいたします。

solanaさん ( 静岡県 / 女性 / 34歳 )

運営 事務局 専門家

運営 事務局
オペレーター

4 good

過度に心配しなくて大丈夫ですよ

2008/07/06 10:23

solana様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

個人が資産運用やライフプランを行うときに、抑えておいて欲しいポイントがあります。それは、自分でコントロールできる要因をコントロールするということに徹することです。

ハイパーインフレが起こるという話、私は聞いたことがありませんが、もしそのような話があったとしても、それを考えてsolana様にとってよいことは何一つありません。

ちなみに、日本にハイパーインフレなどが起こると私は考えていませんが、そうなったとして、不動産や金や海外口座が影響を受けないと考えることは不合理です。

相互に信頼する関係が成り立ってお金が循環していることが経済成長の源泉です。これが少しストップすると大きな影響があることを、私たちは、サブプライム関連の問題で再確認したところです。

ハイパーインフレや預金封鎖などという話は、経済の資金の流れに著しい障害をもたらすものです。世界経済がグローバル化している中で、株式だけが、日本だけがそのような状態になるとは考えられません。

つまり、不動産も金も海外口座も影響を受けるということです。

インフレが経済に深刻な影響を与えないように、各国の中央銀行は金利をコントロールし、その他の対策を講じています。インフレの管理は日本銀行にお任せしましょう。

solana様がすべきことは、ハイパーインフレなどの心配ではなく、自分でコントロールできる要因をコントロールすることを通じて、ご自身の資産運用の目的を達成することだと思います。

過度に心配しなくて大丈夫ですよ

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム