代償分割について

テーマ
  1. 遺産相続

両親がアパートを所有しています。
アパートの名義は、土地が父名義、アパートは母名義です。
子供は兄と私の二人。
近々、遺産分配について話し合いを持つ予定ですが、アパートについては欲しい方がアパートを取得し、もう一人に価値分の半額を現金で、と考えているようです。
私は現金でもよいかと思っているのですが、よくよく考えるとアパートをもらった方は先々まで家賃収入が発生します。
そう考えると、不公平感を持たざるを得ません。
もし、子供両方がアパートを希望した場合、円満に解決するにはどういう方法があるのか、ご教示いただければ幸いです。
私は換価分割を考えていますが、母は売却せず残しておきたいようです。
例えば、価値分の半額にこの先10年分の家賃の半額をもらう、などの意見を言うのは可能でしょうか?
ご意見、よろしくお願いいたします。

遺産分割の方法、遺産の範囲等

(5.0) | 2016/11/27 13:40

感覚的には、確かに、将来の家賃収入を得られることはメリットのように感じても無理のないところです。
しかし、将来の家賃収入は、相続開始時に存在する財産ではないので、そもそも遺産に含まれません。
また、相続開始後、遺産分割までに発生した遺産については、公平の観点から、分配することも論じられますが、いずれにしても、遺産分割後の将来発生する家賃は、ここでは考慮されないのが普通でしょう。
家賃収入は、賃借人がいて初めて発生するものですし(賃借人は途切れることもあります)、その額についても、経済事情や周辺相場に影響され、必ずしも安定したものではありません。
また、当該建物を取得した者は、収益だけではなく、税金、修繕や立て替えなどのマイナス面も負担することになりますので、メリットだけではないことにも留意する必要があります。

誰が何を取るか、代償分割か換価分割か、などの、遺産分割の方法について協議が整わないときは、調停→審判、という家庭裁判所での解決になるのが一般的です。
審判になると、家庭裁判所は裁判所の判断で、当該不動産の換価、競売を命じることもあります。

評価・お礼

BKK-Soi23さん (2016/11/27 14:48)

早々にご回答をいただき、感謝いたします。
あれこれ自分でも調べて、ある程度は把握していましたが、やはり・・ですね。
私は換価分割を希望していますが、母が「兄妹には公平に」と言いつつ、現状は息子の先のことが心配らしく、築いた財産を出来れば残したいという意向のようです。これは、母の知人から聞いたことであり、私が直接聞いたことではありません。
実は母が兄の長男の借金やあれこれに1千万以上使っているという事情があります。兄と長男は折り合いが悪いので、すべて母が行動し援助しています。
私の子供にも学費など援助はしてもらいましたが、金額には大きな差があります。
兄夫婦は子供のことに一切関わらず遺産は公平にというのが、私の気持ち的に不公平感を感じる素となっています。孫は相続人ではないため特別受益にならないですし、母が自分の意志で自分の金銭を使っているので仕方ないことは理解いたしますが、心情的なしこりが残ります。
いずれにせよ、実際に相続が必要になるにはまだ数年あると思いますので、今回のご回答を参考にさせていただきます。
お忙しいところご回答をいただき、ありがとうございました。お礼申し上げます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

祖父の不動産を孫に相続したい 2016/07/07 12:57 | 回答1件
相続放棄の土地について 2015/10/31 09:48 | 回答1件
相続登記と相続税について 2016/07/08 18:49 | 回答1件
私自身が亡くなった際の相続について 2015/09/02 21:38 | 回答3件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。