(閲覧数の多い順)子供の教育・受験全般の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

子供の教育・受験全般 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

子供の教育・受験全般 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

289件中 1~50 件目 RSSRSS

塾屋 坪内康将の最新情報!

※このページは、塾屋 坪内康将および学習塾の最新情報を随時更新していくページです <坪内康将の最新情報> ・4月中に電子書籍を出版します ・4月8日(月)に塾屋の教室にて中3対象の通知表講座を行います ・年内の出版(本)に向けた活動をはじめます <塾屋の最新情報> ・春期講習中です ・春の模擬試験(愛知全県模試)を小4~中3生が...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/03/01 13:13

誕生日!

誕生日! 今月頭に誕生日を迎えたのですが、その時なんと、GLS予備校東京校の高卒生たちがサプライズで誕生日を祝ってくれました!(報告が遅いのはご勘弁を) 生徒から誕生日を祝われることなどまずないので、祝われた時は、嬉しさと驚きが同居してわけがわからない心境に陥っていました。(驚いたのはクラッカーが鳴ったのも原因) 誕生日の準備をしているようなそぶりは見えたので、「今度は誰の誕生日を祝うんだ?」と思っ...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/10/29 20:38

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その2

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その2 前回は、「概念化ができていない言葉、意味を知らない言葉が使われている文章や、文の構造がとれない文を含む文章は理解できず、そのような文章が問いになっている文章題は、算数に限らず、国語だって、理科だって、社会だって解くことはできない」というところで、終わりました。 これを最初の問いに戻して説明し直せば、「国語ができない」『から』「算数ができない」のではなく、「言葉を知らなければ(概念化ができていない...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/13 14:39

TOEFL ついに大学入試に

TOEFL ついに大学入試に ―国内全ての大学の入学試験を受ける基準として、TOEFLを活用する方針― がほぼ決まったそうですね。 国家公務員試験にTOEFL導入のニュースに続いて、Good News です。 TOEFLに本気で取り組むことで、何十年も続けてきた役に立たない日本の英語学習法を変えるというのが政府の方針だそうです。 訳読や、暗記や、フレーズを覚えたり、問題集をやるだけの英語教育を変えるそうです。  ぱちぱち...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2013/03/22 16:13

「大丈夫!」って、何が?

「大丈夫!」って、何が? 「固い」コラムが続きましたので、今回は街で拾った「柔らかい」話題です。 今後も、こんなコラムも書いていきたいと思います。   ところで、私は喫茶店をよく利用いたします。 実は、この原稿も喫茶店で書いています(「実は」という程のことではないのですが)。 執筆関係の仕事で行き詰まると気分転換に喫茶店に行って原稿を書きますし、学習相談を承りに行ったり、学習指導にお伺いしたりする場合も遅刻しない...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/06/29 14:48

日本の大学はお金と時間の無駄

「日本の大学に行くのはお金と時間の無駄です。 日本の高校生たち、何も考えない眠りから覚めて、一歩踏み出して下さい。 多分みんなわかっているのだと思います。 日本の高等教育レベルの低さを。 ただ、みんなと同じことをするのが正しいと教えられて来た、その呪縛から出るのが怖いだけではありませんか。 今こそ未来に向けて勇気を出して踏み出して下さい。」 これは、昨日(Aug. 31, 2012)カナダの大学...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/09/01 17:32

100点満点、ノーミスが持つ驚異のパワー

あの有名な「く○ん」が、なぜ子どもの力を伸ばすことに成功しているのか。 その秘訣の1つに 「満点にする」ことがあります。 仮に1回目で間違いがあっても、何回かで直して100点満点にする (はなまるとかをつける) それだけで、子どもは達成感があり、スッキリします。 満点になった後、「じゃぁ、次のこれもやってみようか」と声をかけると、「うん、やるやる...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/12 16:38

「友達に教えてもらった」をどう捉えるか

ある中学生とのやりとりで、こんなことがありました。 明日塾で授業をする数学の内容を、数学が苦手なAさんはスラスラできるようになっていました。 ※塾屋の授業はすべて学校の復習 いつもなら塾で授業をするときに 「あーそれ学校で聞いたけど、わからなかった」と言いながら塾で習っている状況でした。 なので 「あれ?急に学校だけでできるようになったんだね」 と聞くと ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/11/21 16:16

平均点が上がると【損をする人】

テストの点数が通知表に直結する中学生では、中学校で平均点が大きく異なります。 実際に例を挙げてみると、同時期・同範囲にも関わらず R中学(中2 理科) 平均点42.4点 M中学(中2 理科) 平均点69.1点 こんなに差があることも。 平均点は高いほうがいいのか、低いほうがいいのか・・・ きっと学校の先生も一度は考えたことがあると思います。 私は、【低いほ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/01/07 21:03

毎日のストレスに対処する10の方法

毎日のストレスに対処する10の方法 Psychology Today のParenting SectionにこんなTips が紹介されています。 心配症の子供を前向きにする10の方法です。 読んでみると、日々Q&Aコーナーなどに寄せられる日本の若い人たちの心理状況を改善すするのにも役に立つと感じました。 毎日のストレスに対処し、自分で自分を前向きにする方法として参考にして下さい。 1) Teach yourself physi...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2013/01/19 18:58

勉強は、人が出る。勉強が変われば、その人も変わる。

なぜ、勉強するのか。。。 誰しも一度は考える永遠のテーマだと思いますが、ここで答えを出すつもりはありません。 ただ、勉強をしていくと 「その人が変わる(成長、悪化も含め)」 ということは確信を持って言える事実です。 これは、塾屋が「生徒の勉強そのもの」を見ていて、指導しているからわかることです。 学校の授業のような塾だと、聞いている姿や解いている姿しかわかり...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/01/23 20:43

熊本国府高校での指導(2012年度第9回)

一昨日(2/2)、熊本国府高校で指導してきました。 今回は、先生相手に9時間以上ぶっ通しで話をしてきました。 内容は、大まかに分けると以下の5つのテーマになります。 ・出願校(国公立)の選択が妥当であったか否か ・これからの進路指導のあり方 ・国公立二次試験までにどういった指導をすべきか ・新1年生向けのカリキュラム草案 ・来年度以降、原田がどういった形で指導に当たるか 出願校(国公...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/02/04 13:12

日本の高校生とCritical Thinking

日本の高校生とCritical Thinking Critical Thinking 不在の国、日本の高校生にCritical Thinking を教えています。 科学的、客観的、そして何よりInductive Argument の論理に正確に自分と自分の将来を分析するProject "Critical Thinking for Yourself" を2ヶ月かけて行いました。 そんなCritical Thinking の猛訓練で合格点を出した...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2013/02/08 17:59

もっと「その場しのぎが通用しない」テストになればいい。

2012年度になって、大きく変わったのが 中学生、高校生の学習内容が増えたこと そして、それに伴って ペースが早いこと さらには 宿題が多い(練習問題が多い)こと に多くの学生が苦労しています。 ・・・といっても、本当に苦労しているのは 「成績上位の人?・・・・・違います」 「成績下位の人?・・・・・違います」 答えは ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/02/19 23:29

尾道北高校1年生向け「学習の作法」講演会

昨日、待ちに待った尾道北高校での講演会を開くことが出来ました。 12月にお話をいただいてから何度もメールにて打ち合わせを重ね、構想を練りに練った上での講演会は、大盛況のうちに終了したようです。 生徒にも先生方にも、「あっと言う間の3時間だった、短すぎた」と言われたのは嬉しかったです。 実は、最初にお声かけくださった教頭先生をはじめ、先生方にお会いするのは今日が初めてだったのですが、お会いし...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/03/16 08:24

指導で大事なのは「○○性」

皆さんは、子どもを指導する、生徒を指導する、部下を指導するときに何を大事にしているでしょうか。 私は、独学指導で大事なことは「再現性」だと考えています。 再現性というのは、「いつでも再現可能なこと」を指します。 再現性のない指導というのは、例えば 「もっと勉強しろ」 「ここからは気合でやりきれ」 「しっかりノートを取れ」 のような指導です。 ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/05/20 15:36

国語の成績のところまで、成績は上がる。

塾屋では、成績に関して、これまでの経験から独自の考え方をもっています そのなかの1つが 国語の成績のところまで、 他の教科の成績は上がる 例えば、最初の懇談で成績表を見たときに 学年150人の中学校で 国語120位 数学80位 社会30位 理科50位 英語120位 合計80位の生徒Aさん 対して 国語50位 数学120位 社会90位 理科80位 英語60位 合計90位の生...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/07/20 13:01

熊本国府高校での指導(2013年度第4回)

熊本国府高校での指導(2013年度第4回)           今月の3日と4日も、熊本国府高校で学習会を開きました。 (写真の先生は、国語科の永目先生と数学科の佐藤先生です) 内容は前回と重複する部分が多いので省略しますが、「どこでつまずいているのか」「どうすればつまずきを克服できるのか」というテーマで、内容の濃い学習会に出来たと思います。 3年生は目標と自分の学力との距離が分かっているので、自分自身のつまずきにも気付きやすいの...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/08/12 12:36

熊本国府高校での指導(2013年度第5回)

熊本国府高校での指導(2013年度第5回)        8月3日と4日に続き、24日と25日にも熊本国府高校で学習会を開きました! 今回は熊本国府高校の卒業生であり、現在GLS予備校福岡校で私の研修を受けながら生徒指導に当たっている、九州大学1年生の宮部君がOBとして学習会に参加してくれました。 ソフトテニス部の練習で別人のように色が黒くなってしまった彼ですが、自分が教わってきた「学習の作法」を後輩達にも教えようと、二日間頑張っ...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/09/02 21:15

テスト対策は「時間だけ」かけても伸びない!

テスト対策は「時間だけ」かけても伸びない! テスト勉強 よく学校で1日○時間やろう!と予定表を作って、実行したのを提出します テスト勉強 受験勉強 ・ ・ ・ 「時間数」というのは、あくまでも目安 だということに気付いている子は何割いるでしょうか 例えば、2時間勉強しないといけないものがあるとします それは「ちゃんと」勉強した場合、2時間程度かかるよ という意味なのです なかには、2...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/09/03 22:58

こんな方法で成績が上がっても、褒めてはいけません

順位が上がった! 点数が上がった! 偏差値が上がった! こう生徒(お子様)から聞いたら、誰でもうれしいと思います それが聞きたくて講師をしている人もいるくらいです でも、私は ある方法で上がった場合は、一切褒めない ようにするべきだと考えています 逆に言えば ある方法で上がった場合だけ、褒めるようにする 人間は褒められたら、 その行為を繰...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/09/27 17:47

通知表を研究して、通知表を「上げる」塾~通知表の詳しさチェック問題付き~

「通知表は、どうやったら上がりますか?」 そう聞かれたら、どう答えますか? 「授業中、手を挙げて、テストをガンバレ!!」 そう言われてきた生徒も多いのではないでしょうか。 また、そう答える保護者の方・塾の方が多いのではないでしょうか。 私が塾屋を始めたころ、 「通知表を研究していて、詳しい塾がない」 ことに驚きました。 私が聞いたり、見たりした範囲では...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/10/07 14:01

半年で成績が40位上がった秘密

(c) .foto project 私は普段は行政書士として、夫婦カウンセラーとしてお仕事をしていますが、 子供と接するのが大好きなので、前職の塾講師もやっています。 今年の初め、担当になったAくん中2。 (本人の特定ができないように脚色してます) 授業に遅れてくる、 授業中に携帯いじる、 気分が乗らないと先生の話を聞かない、 勉強しない・・問題児~  ということで講師交代  私が担当に...(続きを読む

藤原 文
藤原 文
(行政書士)
公開日時:2014/12/25 20:53

カナダの教育課程で日本の小・中・高生が学ぶカナダクラブ【衝撃的な効果】

カナダの教育課程で日本の小・中・高生が学ぶカナダクラブ【衝撃的な効果】 カナダ・アルバータ州の教育課程を、日本の生徒に合わせて教えるコース、カナダクラブ。 生徒たちは、まるで魔法がかかったように、生き生きと、クリティカルシンキングの世界に飛び込んで来ます。 それも、カナダクラブに入会したった1週間でその変化が現れます。 そんな急激、衝撃的な変化の原因は 【子供を「集団」として教育するのではなく「個」として伸ばすカナダの教育課程】に、完全に生徒...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2015/05/03 17:38

【中学受験 勉強法】中学受験の勉強で5年生の秋から成績が下がるときは

こんにちは。 中学受験 親のお悩み解決アドバイザーの安藤由紀です。 さて、前回は、 中学受験の4年生の子供の秋の勉強のために、 「整数・少数・分数の計算をできる様にしておくことが重要」 というお話をしました。 秋から図形の分野を学ぶからでしたね。 今回は、 「中学受験の勉強で5年生の秋から成績が下がるときは」 についてお話ししていきます。 ...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2016/09/10 19:37

中学受験の子供が時間になっても勉強をはじめない

    こんにちは。 中学受験 親のお悩み解決アドバイザーの安藤由紀です。       さて、前回は、 中学受験の子供が勉強してもいいと思うには 「子供を遊ばせることが重要」 というお話しをしました。     メリハリをつけるのでしたね。       今回は、 「中学受験の子供が時間になっても勉強をはじめない」 についてお話ししていきます。       ...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2017/09/08 14:09

なぜ、連絡事項が入らないのか=なぜ、授業が入らないのか

子どもが先生(学校)からの連絡事項を忘れる これが日常茶飯事の人もいれば、ほとんど忘れない人もいます 忘れるにも2種類あって 「書くこと・頭に入れることをしていない」 のと 「書いた・覚えたけど実行していない」 のとがあります 今回は、前者の「書くこと・頭に入れることをしていない」について書きます 実は連絡事項は年齢によって【形...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/06/24 18:05

熊本国府高校での指導(2013年度第2回)

先週の金曜日、土曜日は久しぶりに熊本国府高校で指導してきました。 金曜日は1年生、2年生の希望者を対象に学習会を開き、その中で国語の指導を実施しました。 といっても、私は先生が指導されているのをただチェックするだけです。 先生の指導のレベルがかなり上がっているのを目の当たりに出来、とても嬉しかったです。 この先どう指導していくかについての新たな課題も見つかったので、そこをどう乗り越えていくか...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/07/01 19:26

「ハメルンの笛吹き」― 日本の5流教育制度からの脱出

「ハメルンの笛吹き」― 日本の5流教育制度からの脱出 50年後も一億人という日本の人口を維持することを決心したらしいですね、日本政府は。 So called 有識者委員会が「人口一億人維持」の報告書をまとめたらしいです。 何もせずに人口減少をそのままにしていると「極めて困難な未来が待ち受けているという危機感」から。 どんどん高齢化が進み、少子化の止まらない日本で、50年後に「人口一億」を維持する方法を本当に考え付いたのでしょうか? 移民??...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2014/05/14 16:28

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その1

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その1 初めまして。岡松教育進学研究所 岡松です。 今度、出展いたしました。 私は、名古屋市を中心に愛知・岐阜・三重の東海三県で、国語専門(主に中学入試対策)の家庭教師として活動しているほか、入試問題・中高校入試対策問題集などの執筆、講演会の講師などをしております(詳しくは、プロフィールをご覧ください)。 このコラムでは、保護者の方からよく寄せられるご質問、ご相談にどのように回答しているかをお伝えし...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/01 15:53

センター試験のミス 不合格者が自分と向き合う機会を奪わないか

センター試験のミス 不合格者が自分と向き合う機会を奪わないか 今年度の大学入試センター試験で、問題の配付ミスなどトラブルが続出しましたね。社会科の受験システムの変更に試験監督者たちが対応し切れていなかったのが最大の原因だと、現在のところ見られています。 平野文部科学大臣は、大学入試センターの理事長を呼び出して「不利益を被らないよう、受験者の立場に立ち、適切に対応していただきたい」と述べたそうですが、特定の受験者が不利益を被らないように対処するのは当然として...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/01/19 00:03

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その3

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その3 受験直前期でしたので、「緊急投稿」コラムが続きましたが、名古屋地区は中学受験もひと段落いたしました。また、こちらの一連のコラムの執筆に戻りたいと思います。   「その1」「その2」を通じて、「国語ができないこと」と「他の教科の文章にかかわる問いが解けない、あるいは、苦手だということ」を「因果関係」でつなぐのは、誤りではないか、というお話をして参りました。もし、これらが「因果関係」でつながるとし...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/02/07 17:12

進学校の生徒の大学受験と、非進学校の生徒の大学受験

大学受験は高校生が選択する進路のなかで大きな決断です。 受験をしなくても、大学推薦、専門学校、就職という進路があります。 正直、これらは大学受験よりも苦労がありません。楽と言うと語弊があるかもしれませんが、少なくとも大学受験を乗り切れた高校生は、推薦も専門学校も就職もできたはずです。 その、大学受験ですが、通う高校が 進学校か非進学校かで 勉強は全く異なりま...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/10/05 17:06

「子供は家庭で育てるべき」という思い込み

「子供は家庭で母親が育てるものだ」という思い込みを、未だ頑なに持っている人が多いことに驚きました。  ずいぶん前から科学的な研究が否定し続けて来たこんなことを、未だに念仏のように唱えているのは、もはや思い込みを通り越して根深い偏見だと思います。 外枠と規則だけを決めることを、自分の仕事だと思い込んでいる日本の政治家たちが、こども園云々でもめてます。  どの政治家の意見にも食傷気味ですが、自民党が...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/05/12 16:10

幼稚園時期の具体的な英語教育についての回答

幼稚園時期の英語教育は具体的にどう取り組んだらいいのかへの質問をいただきました。 私が書いている「英語教育についてのコラム、回答」を読んだ方からの質問です。 多くの方に役に立つ内容だと思い、コラムにて回答致します。 コラムにも科学的根拠をつけて説明しているように、日本語環境で育つ子供への早期英語教育の成果は証明されていません。 幼児期の英語教育の目的が「バイリンガルにしたい。」「将来英語が出来...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/06/15 14:10

幼稚園時期の具体的英語学習法についての回答ー2

幼児期の具体的な英語教育法についての回答に、下記の質問を重ねていただきました。 「私も英語教室に通うことには意味がないように思いますが、自宅で英語に対して取り組んだら良いことはありますか?」 前回の回答でも書いたように、「将来英語が出来る子になるように」、「バイリンガルレベルへの基礎づくり」などの効果はまず期待出来ません。 あくまでも、単に遊びの延長、親と共有する時間として、英語に関したact...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/06/21 20:00

Cognitive Training ー脳の訓練

Cognitive Training ー脳の訓練 直接指導する中・高校生たちへの特別トレーニングを企画しました。 自分の持つ知的能力を最大限に生かすCognitive Training です。 長年の実地教育経験に学問的裏付けをと、カナダの大学、アメリカの大学院で勉強を続けるうちに出会ったのがCognitive Psychology とNeuroscience。 特に脳のPlasticity (柔軟に伸びる可能性)には大いに興味を抱き、ここ数年...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/07/21 18:59

運動・勉強が伸びるコツは・・・仮眠をとろう!

日本経済新聞7月22日に日曜版で「運動・勉強伸びるコツはすかさず仮眠」と紹介された。(以下抜粋) 最近の研究で、スポーツや勉強ができるようになりたければ仮眠をとる利点がわかってきたらしい。ポイントは運動や勉強を終えた後、すぐに寝ることだ。睡眠中に脳が活発に働き、覚えた体の動かし方や知識が記憶として固定されやすい。 早稲田大学の内田教授の実験の実例がおもしろい。ジャグリングを経験のない人が習得す...(続きを読む

石野 恵子
石野 恵子
(英語講師)
公開日時:2012/07/23 05:01

英語でサイエンス

英語でサイエンス Scientific Method を使い実験やリサーチを英語で進めて行くプロジェクトのご紹介。 生徒たちが大喜びで取り組むプロジェクトです。 自分で「なぜ?」から考え、Scientific Method に従い、論理的科学的に結論に近づいていく過程を、英語で体験するこのプロジェクト。 脳にCritical Thinking の基本を作って行きます。 大体一回につきひと月程度かかりますが、一回...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/07/25 15:08

英語の勉強を始める前に必要なこと

小学3年生の元気な声が聞こえる木曜日。 直接指導する生徒たちがIntroductory Class にやって来ます。  これより小さい子供は教えていません。 その理由はコラム「うちの子バイリンガルにしたいんですけど」や、Q&A「幼児英語教育は早く始める方がいいのですか」で説明していますので読んでみて下さい。 音の基本から、数の概念を英語で理解したり、英語文法の大切な根幹をうま~くのせて反復練習...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/08/03 13:30

Working Memory を訓練し知能を伸ばす

Working Memory を訓練し知能を伸ばす 知的能力を伸ばすためのCognitive Training、目に見えて大きな成果が出ています。 アメリカ・カナダの科学者が注目している方法(N-Back)などで、Working Memoryを効率よく使えるようにする訓練です。 子供たちの能力がぐ~んと急カーブを描いて伸びています。 その私が使っている方法の一部が、本日届いた “Scientific American Mind” 最新号でも特集...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/08/06 12:08

子供の脳はこう変わる (Changing a Child's Mind)

子供の脳はこう変わる (Changing a Child's Mind) Working Memory を促進するN-Back Test に組み合わせて行ったSound Discrimination Program. 速いスピードで聞こえて来る英語の音声を認識し、その認識能力を、脳の運動機能と合わせる訓練の成果です。 独自に作成した音声ファイルをダウンロードした生徒たち。 それぞれがコンピューターから聞こえて来る英語の音を聞き、それを自分で文字にしていきます。 自分...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/08/10 14:24

英語でサイエンス[実験結果から仮説を作った子供たち]

英語でサイエンス[実験結果から仮説を作った子供たち] Scientific Methodを使い、Critical Thinking の基盤を日本の子供の脳に作って行くプロジェクト。  英語でサイエンス。 Working Memoryを科学的に調べていく過程を、子供たちはこの上なく楽しんだようです。 視覚による記憶が得意な人と、聴覚からの方が得意な人と、さて結果が出ました。  そして、自分たちがたどり着いた結果から、一体記憶はどうWorking M...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/08/16 18:21

「教師」とは何をする人ですか?

日本の教育において、「教師」の定義とは何でしょうか。 「教師」とは「教える」職業ですよね。 辞書には「学校などで学業、技芸を教える人」とあります。 この定義が逸れてしまっていることに、日本の教育の衰退原因があると思います。 そして若者の深刻な迷いもここに起因している可能性があります。 文科省の言によると。 「いじめは不登校など複雑化する学校の課題に対応するには、現在のように大学の4年間で基礎的...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2012/08/30 14:58

なんでもかんでも教えてもらえば、生徒は満足するけど・・・。

塾屋の独学が身につくと 「自分一人で」「学校で習っていない内容を」 理解することができるようになります。 最初は、ほとんどの塾生が最初は全くできません。 成績が上位の生徒であっても、これまで塾漬けの生徒や学校の問題を「暗記だけ」してきた生徒はできません。 60分、習っていない単元の勉強をさせても、 その後の確認テストで1問も当たらない・・・そんなことも珍しくありません。 ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/13 20:03

勉強している姿を見たとき、「〇〇」していたら安心してください

小学生~高校生まで多くの生徒を見ていると、様々な点でカテゴライズしてしまいます。 そのなかの1つで、家でも判断できるものを紹介します。 それは、 お子様の勉強している姿を見たときに「〇〇〇〇」ていたら安心できる というものです (答えは後ほど) 保護者の方、講師が勉強をしている姿を見ていて、大丈夫か?と思える姿は ・全く動いてい...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/16 18:12

他の教科より点数が取れない教科がある=○○ができていない

誰にでも、苦手意識はあります。 私は苦手なものがたくさんあります。 ただし、高校までの勉強に関しては苦手はありませんでした。 いや、正しくは「苦手意識はあったけど、支障がない状態だった」ということです。 苦手教科や単元があって、実際に「必要な点数が取れない」「常に教科のなかでワースト」という生徒は 100% 独学ができていない生徒です。 ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/18 23:35

いずれは「授業のない世界」が待っている

小中学生がよく言うセリフの1つに 「なんで大人は勉強しないの?」というのがあります。 たしかに、大人が机に座って勉強している姿はあまり目にすることがないのかもしれません。 私は学校の先生の免許を持っていて、教育実習もしているから学校の現場も知っています。 塾はもちろん今現在もやっているので知っています。家庭教師の経験も3年半あります。 保護者の方が、家...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/19 16:22

PDCAサイクルは、塾屋の学習にも取り入れられています。

皆さんは「PDCAサイクル」という言葉をご存知でしょうか。 これは、もともと品質改善の方法として企業が実践しているものです。 PDCAとは何かというと、 Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する Act(処置・改善):実施が計画に沿ってい...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/27 15:12

シリーズ「受験勉強って何をすればいいの?」導入編 for中学受…

中学受験、高校受験、大学受験・・・受験と名がつくものは、たくさんありますが、なかでもこの3つが塾に関わる大きな受験です。 そこで、「受験勉強」について書こうと思います。 そもそも「受験勉強」とは何をすればいいのでしょうか。 まさか「問題集をひたすら解く」「机に座って暗記」しかないと思っていませんか。 小中学生、高校生の「普段の勉強」「テスト勉強」...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/09/30 15:57

289件中 1~50 件目