ある家のものがたり「コンセント」図面 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

千葉万由子
Smart Running一級建築士事務所 
神奈川県
建築家

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:住宅設計・構造

柏林台の家 1
石塚 和彦
(建築家)
木造住宅:リフォーム
中舎 重之
(建築家)

閲覧数順 2019年03月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ある家のものがたり「コンセント」図面拡大

- good

定年を迎えた夫婦のための住宅の建て替えです。
 既存の家は民家の形式で、南庭に面した快適な場所を客間である座敷が占め、住人の居住空間は東道路側と北側に集中していました。敷地の広さに見合わず、道路側の人の気配、北側の暗さや寒さ、客間を除く限られた空間での窮屈な日常生活を送られていました。しかし地域に根ざして暮らしてこられた夫婦にとって、いつでも人を招き入れ大勢が集うことができる縁側や座敷空間は家の大切な要素でもありました。
 私たちは、施主が慣れ親しんだ家のしつらえを継承しながらリデザインし、実体化することにしました。具体的には、日照をコントロールする深い軒、地域に開く大開口、様々な集い方を可能とするための可変性のある座敷に表れています。
 また使用目的にあわせ家を5つのゾーンに分類し、仕切り壁に凹凸をもたせて噛み合わせ、壁仕上げを全て異なるものとしました。これにより視覚的な空間差異や距離感を生み出し、プライバシーを確保しています。
 近隣住民や親戚縁者と関係を結んできた住まい方を引き継ぎながら、今までの生活様式が持っていた問題を解消することができました。