東京駅 「丸の内・赤レンガ駅舎」 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役社長
東京都
公認不動産コンサルタント
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:不動産売買

スタッフ写真
山田 大史
(代表サポーター)
行政書士事務所
山田 大史
(代表サポーター)
二子玉川公園 - STARBUCKS -
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

閲覧数順 2019年05月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京駅 「丸の内・赤レンガ駅舎」拡大

17 good

一日に約97万人が乗降する首都東京の玄関口「東京駅」。

今から100年前の1914年に建てられた重要文化財でもある東京駅丸の内の「赤レンガ駅舎」は、風格ある建物が印象的でしたが、老朽化が進んでいたため、2007年より創建当時の姿に復原するというプロジェクトが進められていましたところ、2012年10月に完了し、いよいよ100年前の東京駅の姿が再現されました。

この赤レンガ駅舎は創建時の1914~1945年まではドーム形状でしたが、1947~2007年までは寄棟形状でした。しかし復原後の2012年からはドーム形状が復活しました。

この丸の内駅舎とともに再オープンしたのが、東京ステーションホテルと東京ステーションギャラリーです。
東京ステーションホテルは国の重要文化財の中にある唯一無二のホテルで、丸の内駅舎の外観と調和するヨーロピアンクラシックを基調とした空間です。

丸の内駅舎はマグニチュード7.9といわれる大正12年の関東大震災でも被害を受けなかった強靱な鉄骨煉瓦造の躯体と言われていますが、今後の更なる安全に向けて、免震化工事を施され、見かけはクラシカルですが、実は巨大地震にも耐える最新技術が取り入れられています。

撮影/ 後藤 一仁