ビール名から生まれた街 東京・「恵比寿」 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役社長
東京都
公認不動産コンサルタント
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:不動産売買

スタッフ写真
山田 大史
(代表サポーター)
行政書士事務所
山田 大史
(代表サポーター)
二子玉川公園 - STARBUCKS -
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

閲覧数順 2019年05月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビール名から生まれた街 東京・「恵比寿」拡大

41 good

東京・恵比寿。

恵比寿といえば、駅の発車メロディからしてエビスビールが思い浮かびます。
ガーデンプレイスの場所がかつてビール工場だったことも有名です。

きっと『サッポロビールは恵比寿に工場があったから(そこで作られたビールだから地名の恵比寿に由来して)エビスビールというのだろう』と思われている方は多いのではないでしょうか?

ところが、実は「エビスビールが登場したのが先」で「恵比寿という地名が後」なのです。

サッポロビールの前身の日本麦酒醸造が明治22年、この地にレンガ造のビール工場を建設し、3年後に『恵比寿ビール』の発売を開始するとヒットし売上を順調に伸ばしたので、全国へ現在の山手線から配送する計画を実施。

工場から貨物列車がそのまま山手線へと乗り入れられるように「出荷専用」の貨物駅として開設されます。

しばらくして通常の旅客の扱いもするようになり、恵比寿駅が誕生しました。

そして昭和3年、正式に駅の周辺に恵比寿という地名が与えられました。

恵比寿ビールそのものの名前は、やはり「七福神の恵比寿さま」に由来しているそうです。

ビールの商品名がそのまま地名になるなんて驚きですね。

撮影/ 後藤 一仁