東京・上野 不忍池畔の小さな資料館 『下町風俗資料館』 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役社長
東京都
公認不動産コンサルタント
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:不動産売買

アヤメ
野口 豊一
(不動産コンサルタント、FP)
141年前の『品川駅』
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

閲覧数順 2018年09月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京・上野 不忍池畔の小さな資料館 『下町風俗資料館』拡大

21 good

上野と言えば、上野動物園、国立科学博物館、アメ横や、旧岩崎邸庭園、上野公園、国立博物館、国立西洋美術館など、たくさんの有名なスポットがあるところですが、
皆様は、不忍池のほとりに、ひっそりと建っている‘下町風俗資料館’という小さな資料館をご存じでいらっしゃいますか?

ここは派手ではないのですが、古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の下町の街並みが実物大に再現されていて、商家、長屋などのセットに実際に上がって下町情緒を体感することが出来ます。

東京の下町は関東大震災や戦禍によって、ほとんど江戸の時代からの面影は姿をなくし、復興とともに街はすっかり様変わりしました。
そんななか、昭和40年代頃から、このままでは古き良き下町文化が失われてしまうとの声が上がり、下町文化を残すための資料館を設立する構想が生まれて、昭和55年に開館しました。

台東区で実際に使われていた銭湯の番台や、上野・浅草エリアをはじめ東京下町ゆかりの資料、昔の遊び道具などが展示されています。

あまり広い施設ではありませんが、まだ行かれたことがない方は、上野に行かれた際に、ぜひ一度お立ち寄りいただきたいどこか懐かしい資料館です。

後藤 一仁