週刊ビル経営に、資金繰り改善コンサルタントの取材記事が掲載! - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

週刊ビル経営に、資金繰り改善コンサルタントの取材記事が掲載!拡大

- good

銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントの渕本です。

週刊ビル経営(第801号:2013/2/11)

「モラトリアム法が3月末に終了 オーナーに与える影響とは!?」

という特集で、銀行取引対策・資金繰り改善コンサルタントとして受けた、取材記事が掲載されました。

このたび、週刊ビル経営を発行する、株式会社ビル経営研究所様のご了解を得られましたので、記事をご紹介します。

モラトリアム法(金融円滑化法)の終了まで、残り1か月となりました。

現在、金融円滑化法で、返済猶予(リスケ)の協力を得られている中小企業様は、経営改善計画での施策を、着実に、実行してください。

未だ、金融円滑化法で、返済猶予(リスケ)を受けていないが・・・

銀行借入の返済が厳しく、返済猶予(リスケ)を検討する場合は、

◆ 金融円滑化法(モラトリアム法)が終了するといって、焦ることなく、

資金繰りを良く考えてから、決断してくださいね。

  • 前へ
  • 同じグループの写真を見る
  • 次へ

渕本 吉貴が提供する商品・サービス

電話相談 事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談 (2014/03/31 10:00)

◆ 借入返済が厳しく、返済猶予(リスケ)をしたいけど、どのような準備をすればいいの? ◆ 返済猶予(リスケ)の相談をすると、「貸しはがし」されないか不安・・・ ◆ 返済猶予(リスケ)で事業再生をする方が良いのか、迷っている ◆ 返済猶予(リスケ)の相談をしたら、銀行から厳しいことを言われた 事業再生のために返済猶予(リスケ)をすることに、不安をお持ちの中小企業経営者や個人事業主のために、元銀行員で

電話相談 おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談 (2014/03/26 10:00)

◆ 初めて、借入をしたいけど、どのような準備をすればいいの? ◆ 運転資金・設備資金を借りたいけど、なかなか上手くいかない・・・ ◆ 融資を審査する側は、どんなところを見ているの? ◆ 赤字だけど、借入をする方法はないの? 事業資金の借入に、不安をお持ちの中小企業経営者や個人事業主のために、元銀行員で、圧倒的な融資審査経験を持つコンサルタントが、親身になってお話をお伺いします。 そして、事業資金