東京・目白 「丹下健三」設計「東京カテドラル聖マリア大聖堂」 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役社長
東京都
公認不動産コンサルタント
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:不動産売買

スタッフ写真
山田 大史
(代表サポーター)
行政書士事務所
山田 大史
(代表サポーター)
二子玉川公園 - STARBUCKS -
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

閲覧数順 2019年06月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京・目白 「丹下健三」設計「東京カテドラル聖マリア大聖堂」拡大

68 good

この時期は庭園の桜がきれいな、目白の「椿山荘」「フォーシーズンズホテル」と、道を挟んだ向かいにある「東京カテドラル聖マリア大聖堂」(東京都文京区関口)。

1899年に建てられた最初の聖堂は木造のゴシック様式の建物でしたが、1945年の東京大空襲で消失してしまった為、現在の大聖堂は、あの有名な建築家「丹下健三」氏の設計により、ドイツのケルン教区の支援によって建設されて、1964年に落成しました。

8面の双曲抛物面(そうきょくほうぶつめん)をほぼ垂直に建て掛けた構造は、上から見ると、大きな十字架の形をかたどっているように見えます。

高さが39.4メートルあり、鉄筋コンクリート造のこの聖マリア大聖堂は、アーティスティックかつユニークな教会建築として世界的に知られ、外国からの見学者も多く訪れます。