「ニュー億ション」と「スーパー億ション」 - 写真・作品 - 専門家プロファイル

株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役社長
東京都
公認不動産コンサルタント
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家写真ランキングRSS

対象:不動産売買

スタッフ写真
山田 大史
(代表サポーター)
行政書士事務所
山田 大史
(代表サポーター)
二子玉川公園 - STARBUCKS -
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

閲覧数順 2019年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ニュー億ション」と「スーパー億ション」拡大

119 good

「億ション」という言葉をご存じの方は多いことと思います。この言葉は、単に「価格1億円以上のマンション」を指す場合に使われることが多いのですが、 実はこの言葉には「定義」があり、次の3つの条件を満たすものを言うそうです。
1.売買価格が1億円を超えること。
2.建物仕様が超高級であること。
3.立地は官庁街等中心に近く交通至便なのにもかかわらず閑静で緑豊かな住環境に恵まれている場所であることなど、いわゆる「地位(じぐらい)」が高いこと。

ところがバブル時代は地価の高騰によって条件を満たしていないのに、勝手に物件価格が億につり上がってしまった物件が続出してしまいました。地位は低いが仕様は高級のものや、その逆のものなど、本来の億ションの条件を満たさずに高騰により、売買価格が億を超えるマンションを「ニュー億ション」と呼びました。
そんななか従来の「億ション」の条件を満たす本物の億ションのことを「スーパー億ション」と呼び、「ニュー億ション」と区別しました。

あらためて思えば「ニュー」とか「スーパー」とかバブルらしく面白いですね。


■『東京で家を買うなら』→ http://www.amazon.co.jp/dp/4426118581/