1月の製菓基礎講座にて - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
水島 弘史
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2017年02月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1月の製菓基礎講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

1月の製菓基礎講座にて
1月19日21日

ガレット・デ・ロワgalette des rois


フランスでは1月6日のご公現の祝日epiphanieに、ガレット・デ・ロワを食べてお祝いします。
年開けから1月末までどこのお菓子屋さん、パン屋さんにもガレットがずらずらと並びます。週末ごとの家族の会食でも、友人との集まりでも、ガレット・デ・ロワが切り分けられます。


ガレットとは丸くて平らなお菓子、ロワは王様です。王様のお菓子には、紙の王冠がおまけにつけられ、ガレットの中には、陶製のおもちゃが入っています。切り分けられたピースの中にフェーヴが入っていた人が、その日の王様、王妃様。周囲の人に命令ができる、という遊びをするのです。

といってもそうそうフェーヴにはあたりません。なんとか当てたくて、あちらのお菓子屋さん、こちらのパン屋さん、と1月中は繰り返し繰り返しガレット・デ・ロワを食べることになるのです。

さてガレット・デ・ロワは折り込みパイ生地を作るところからスタートします。
室温が高くなるとバターがゆるみ、よい生地にはなりませんので、みなさんには厚着をしてきていただいて、暖房をゆるめにします。




丸くくり抜いて、アーモンドのクリームを敷き、さらに折り込みパイ生地を乗せます。

中には陶製のフェーヴを入れています。

フェーヴは「空豆」という意味です。もともとは乾燥空豆を入れていたのだそう。
空豆は豆類の中で一番に芽を出すので、春の訪れを意味するのだと、そういえば献上式のときにフランス領事がおっしゃっていました。

今はありとあらゆるモチーフのフェーヴがあります。
聖人シリーズから、パンやお菓子、車に飛行機、野菜、ジャッキーチェンからピカチュウまで。
カラフルでとても可愛いのですが、焼きが異様に甘いのが玉に瑕。
すぐにどこかが欠けて、羽根のない虫とか、手の掛けた人形に・・・。


残り生地からは、ポン・ヌフを作ります。
折り込みパイ生地で作ったタルトレットに、シュー生地とカスタードクリームを同割りで合わせた、ヘンなクリームを絞って焼きます。

「可愛い! でも仮面ライダーみたい!」
毎年必ず誰からともなく聞かれる感想です。

このコラムに類似したコラム

1月の製菓基礎講座のお知らせ ガレット・デ・ロワ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/01/15 11:02)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)

ポワラーヌ!! 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/02 20:37)

八丁堀 maruで 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/02 00:01)

今年の洋梨 10月の製菓基礎講座にて  塚本 有紀 - 料理講師(2013/10/24 22:44)