マニュアル? - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
いせき けんじ
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年04月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様


時代の流れ、ってありますよね。
時代の流れに逆らっては、ほとんどうまくいきません。


でも、「人の行く裏に道あり花の山」という格言も好きなので、いつも迷うところです。


全体、大きなビジョンとしては流れに乗るけれども、細部では、独自の観点を作る。
そんな感じで、いつも決めている気がします。


もちろん、マクドナルドのようなフランチャイズを成功させるためにはマニュアルが絶対に必要ですし、システムの運用チームに対しては、よりきっちりしたマニュアル(運用手順書)が必要です。


が、逆に、これから新しいサービスを考えるときに、頼るマニュアルはありません。

成功したサービス、世の中で売れているモノの枠組みをまねても、その方法、細部は
まねられません。枠組みをまねながらも、独自部分をどこに設けるか。


そこが軸、です。



これから、ますます「わけがわからない」「混沌とした」「カオスの」世界がやってくるハズです。


そのときに、マニュアルを探しても、ない。


過去に学びながら、自分の軸を大切にして、新しい世界に適応していくしかありません。


成功法則を学ぶ→解釈して、今の自分の世界に適用する→結果をフィードバックする、

そのPDCAサイクルの繰り返しですね。


また、書きます。



 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

社長学入門 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/12/16 10:34)

大掃除。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/12/14 19:21)

たった10年で生まれる、決定的な違いとは。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/12/13 13:16)

「We become what we think about」 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/12/12 10:33)

「ユーザーのためにではなく、ユーザーの立場に立って」 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/12/11 13:17)