「相手軸の立ち方」⑩最後まで聴いてから質問をする - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
松山 淳
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸の立ち方」⑩最後まで聴いてから質問をする

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成




※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



「聴くが8割、話すは2割」

その「話すは2割」の中には「自分の話は含まれていない」

と、ここまでお話ししました。


ん?では、「話すは2割」は、何を話すのでしょうか?


それは「質問」です。

「質問」のみで2割です。

「どんな質問」か、と言いますと、「相手及び相手の話に対する興味、関心」から来る質問です。

つまり、相手の話を「もっとたくさん聴きたい」「もっと詳しく聴きたい」

そう言う気持ちから湧き出てくる「質問」です。


「良い質問」なんて考えなくても構いません。

「効果的な質問」なんて言うのも考えなくても良いのです。

相手の話を「興味関心」を持って最後まで聴くと、必ず「質問」は湧き出てきます。

必ず、です。


私は、コーチングの修行を始めた時に、この「良い質問」をする、と言うプレッシャーに苦しみました。

「良い質問」「的確な質問」「格好いい質問」・・・

そう言う、プロコーチらしい質問が出来ないと、コーチを目指す者として恥ずかしい。

そう思っていた私は、コーチ学校の授業でも、エクササイズの時に、積極的にコーチ役を申し出ることが出来ませんでした。

自信が無かったのです。


私は、コーチングの師匠に悩みを打ち明けました。

松下「私は、質問を作るのに苦しんでいます。効果的な質問が浮かんでこないのです。」

師匠「松下さん。あなたは何の為に質問をしようとしていますか?」

松下「相手の中の答えを引き出す為です」

師匠「それは、誰の為に行うのですか?」

松下「相手の為です」

師匠「効果的な質問をすれば、誰が嬉しいのでしょうか?」

松下「相手のはずですが・・・・・自分も『良い質問が出来たなあ~』と嬉しいです」

師匠「もう一度お聞きします。誰の為の質問ですか?」

松下「そうか!相手の為です!自分の為ではありません!」

師匠「では、その効果的な質問は、どうすれば出来ると思いますか?」

松下「まずは、最後まで相手の話を聴くことです。」


私は、相手の為の質問ではなく、自分のための質問に苦しんでいたのです。

しかも、相手の話を最後まで聴けば、未だ聴きたいこと、解らないことは必ず出てきます。

それを聴けばいいのです。

私は、相手の話を最後まで聴くことなく、ずっと頭の中で「次にする質問」を考えていました。

相手の話を最後まで聴けば、「自然と質問は出てくる」と言う基本中の基本を忘れていたのです。


「良い質問」「効果的な質問」は考える必要はありません。探す必要も、作る必要もありません。

相手の話を最後まで聴けば、必ず出てきます。


それは、相手の立場を、相手の考えを知る為の質問なのです。

相手の話を興味、関心を持って最後まで聴けば、その「相手の為の質問」が自然と湧き出てきます。

是非とも、試してみて下さい。


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸の立ち方」⑦表情は口ほどに物を言う 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/19 05:56)

「相手軸な話」㉖ひとりの問題は店全体として考える 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/20 05:53)

「相手軸な話」㉒会議で最後の美味しい所を持って行く人 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/16 05:41)

「相手軸な話」⑱「は」と「も」で大違い! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/12 05:43)

いよいよ本日9日まで!紀伊國屋協賛キャンペーン開催中! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/09 07:06)