栗のビュシュ・ド・ノエル 12月の製菓基礎講座にて - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

栗のビュシュ・ド・ノエル 12月の製菓基礎講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


12月の製菓基礎講座にて
12月15日17日

今年もビュシュを作る季節がやってきました。早いなあと今更ながらに思います。
ビュシュは薪、ノエルはフランス語のクリスマスです。ケーキの名前は「クリスマスの薪」
もともとは北欧の冬至の日に火を起こす儀式から、フランスでもノエルに大薪をくべてその燃え残りを翌年のお守りにしていたのだそうです。
1870年頃にパリのパティシエが、これをモチーフにビュシュ・ド・ノエルを作ったのが始まりなのだそうです。
もう140年も続く伝統のお菓子です。24日には、たぶんフランス中の家庭で食べられる(クリスマスは家族と過ごす日です)のではないかと思われる勢いでビュシュが売られます。
久しぶりにこの時期をフランスで過ごしたいものだと思います(そうそう叶いませんが、いずれ!)


基礎の講座では伝統的なビスキュイとマロンのバタークリームでビュシュを作ります。
発酵バターとマロンペースト、マロンクリームを使います。
ちょっと甘くて重たいのですが・・とお断りしつつ作りますが、やっぱりこのお菓子を食べないとクリスマスが来た気になりません。

このコラムに類似したコラム

マロンのビュッシュ・ド・ノエル講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/12 00:31)

京都エロージュでクリスマスお菓子講座をします 塚本 有紀 - 料理講師(2012/11/14 08:48)

チョコレートタルト講座 辻ウェルネスクッキングにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/05 01:11)

ようやく解禁フランス産仔牛 6月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/10 23:25)