衆議院選挙とPEST分析 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
横田 秀珠
(Webプロデューサー)

閲覧数順 2017年07月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

選挙が終わって、これから、また、日本は変わるかもしれませんね。

では、どちらに変わるでしょうか。

日本全体がどこに行くのか、それによってあなたの生活がどのように変わるのか。
IT業界はまだ稼げるのか、旅行業界はますますダメになるのか。。。


テレビや新聞から得られる情報だけで判断するのは、キケンです。

それは、テレビや新聞のフィルターがかかっているからです。
今でも、マスメディアでは、インターネットは対立概念として捉えられていて、
ちょっとでも、詐欺、とか、個人情報漏えい、とかがあると、ネットは危険!
と繰り返し流してきて、マスメディアに縛り付けておこうという力が働いています。

では、どうすればいいか。





自分の頭で考える、です。

でも、どうやって自分の頭で考えればよいか、わからない。

・原発がいるのかいらないのか。
・消費税は上げてもいいのかだめなのか。
・福祉の給付を減らすのはどうすればいいのか、本当は減らせないのか。

とりあえず、自分の生活がどうなるか最優先に考えてしまいますが、
自分の生活を考えるときに、もう少し大きな観点から考えてみましょう。

メタ認知ですね、俯瞰する。

でも、メタ認知も、俯瞰、も結構、言葉自体が聞きなれません。

「個別のコトにとらわれるのではなく、もっと全体を広く見る」
「一番下の出来事だけを捉えるのではなく、もう1段上から捉える」

といった意味だと理解していただければよいと思います。


で、こういう物事を整理して考えるときに便利な道具があります。

「思考のフレームワーク(枠組み)」です。
物事を整理する時の下敷きになるもの、と捉えればよいと思います。

例えば、世の中には、
 「上、下」「右、左」「大、小」
といった単純な分類がありますが、世の中、というのはそう簡単には
パターン分けできませんよね。その複雑な世界を整理するための定規
です。3次元になるとさっぱりわからなくなりますので、使えるのは
2次元まででしょう。

では、ここでは、「PEST分析」をご紹介します。

「PEST」とは、「政治」「経済」「社会」「技術」の4つの要素から
分析する手法です(PESTはそれぞれの英語の頭文字です)。


「政治」
政権交代、政局、税金、外交、規制(緩和)等


「経済」
景気、物価、成長率、為替、等


「社会」
高齢化等の人口構成、教育、等

「技術」
新しい技術の発見、衰退、等

この4つの軸で物事を整理する方法です。


今回、衆議院選挙がおこなわれましたが、その影響度合いは大きい、という
ことが分かりますよね。政治が変われば、経済も、社会も、政治方針に
よって影響を受けます。

選挙に対する態度、というのはひとりひとり違いますし、自由ですが、
結果に対しては支配されてしまう、という怖いものなんですよね、選挙。

日本の場合、誰でも1票。ということは、組織の力を使わない限り、
個人単位で言えば、選挙に対する影響力も均等。

でも、自身のポジションによって、
 ・ますます得する人
 ・ますます損する人
に分かれてしまう怖さがあります。

知らない間に増税された、というよりは、知ってて増税に応じた、のほうがまだ、
うまく生きていける、ということだと思います。

また、書きます。
 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

日本の教育戦略とは。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/10/07 11:08)

忠告? 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/07/18 12:24)

未知の世界。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/05/12 15:58)

納期。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2012/12/20 23:59)

社長学入門 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/12/16 10:34)