できる人は、四六時中、仕事を考えています。 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

できる人は、四六時中、仕事を考えています。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

景況が厳しい現在、景況が良いときよりも長時間、仕事をしている人が多いでしょう。


中には、仕事と私生活を、明確に分けたい、仕事に私生活を奪われたくないと思う人もいることでしょう。


しかし、私が見てきた「できる人」は、四六時中、仕事のことを考えている人が多いです。


それは、決して、職場に長時間、在社しているという意味ではありません。


夜には、結構、飲みに行っています。


コミュニケーションをスムーズにするため、人脈を広げるため、情報を収集するため、


飲みに行っています。


ただし、多くは、その時の会話や情報を仕事に取り入れています。


飲み会なのに、と思われる人は、飲みに行くのを友達だけに限定した方が良いかもしれません。


できる人は、四六時中、業績を上げることにつなげています。


学生時代に一番勉強をしてきた、という人は、天才を除けば、失礼ですが「できない人」です。


正確に言えば、「やらない人」です。


そんな姿勢の人が、業績を上げ続けることができるはずがありません。


では、四六時中、何を考えるたら良いのでしょう。


まずは、世の中のこれからの流れです。


どうしたら、もっと良くできるか。


業績の良い業界、会社、そこで働く人は、何をしているのでしょうか。


それを自社、自分の仕事に取り入れられないか。


会社を出たら、自社を振り返っても良い考えが出るわけありません。


悪い結果は、その根拠は数値で判断することです。


数値が見ることができない社外で考えると、ネガティブなこと、悪い方向ばかりが出てきます。


それは、社内で行えば良いことです。


社外に出たら、四六時中、これからやるべきことだけを考えることです。


寝る前も、明日、まず何をやるか、を決めて就寝しよう。





自社の問題点の抽出の仕方が分からない経営者様、経営幹部様は、お気軽にお問合せ下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】視点と立ち位置。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/05/01 10:13)

業績を上げるには徹底した現状分析が必要! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/30 20:55)

目標の裏づけは、同業他社の実績から設定できる。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/16 18:38)

CS コミュニケーションセールス 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/15 13:22)

女性採用お勧め 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/20 10:13)