陶酔と魅力の恋愛系ホルモン - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

クオリティ・オブ・ライフ研究所 代表/夫婦円満学校 主宰
東京都
幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント
04-7190-5869
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

陶酔と魅力の恋愛系ホルモン

- good

しあわせ夫婦間コミュニケーター:
中村はるみでございます。
おはようございます。ξξ-^)

愛の育成ホルモンの解り易い事典3

ホルモン=体の中で作られる化学物質 
作用:精神や身体に様々な影響を与る

愛の育成ホルモンの解り易い事典1
愛の育成ホルモンの解り易い事典2

PEA(Phenylethylamine)

恋愛系ホルモンの代表格別名:“陶酔と魅力のホルモン

恋愛の初期に多く分泌されるホルモン(アンフェタミン類も)
性欲を高める、食欲を減退させる、眠気を吹き飛ばす、
集中力を向上させる、
などの効果があるが、
脳がその刺激に
耐えられるのは3年以内。

これを私は
《恋の賞味期限は3年間
・夫婦関係は7年周期》

呼んでいます。
日常の一定の刺激は7年経つと身体の免疫システムがそれを刺激ではなく環境の一部と見なします。
これは生体の免疫システムに密接な関わりがある人の骨髄液は7年で入れ替わるからです。
現場の医師たちの経験則からも「趣向や体質の変換は7年周期」と刺激に緩慢になるのが7年目と言われていいます。
“7年目の浮気”は理論の裏付けがあるのですネ(o^-')b
(マリリンモンローを思い出しますネ。)

PEAは分泌させてくれた相手を無条件で好きになってしまう
凄腕の恋愛系ホルモンとしても有名ですが、
覚醒剤として、世界規模でその使用が禁止されています。

この自己分泌により他の様々な快感物質も連動して分泌される。
コルチゾール(Cortisol)

「不快・ストレス」を感じた時に分泌されるホルモン
別名:ストレスホルモン


ストレスによって発散される副腎皮質ホルモンの一種。
分泌量が多いと、血圧や血糖レベルを高め、
免疫機能の低下や不妊をもたらし、脂肪蓄積作用がある。

ストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させる。

記憶力を低下させるのは、イヤな事を忘れさせる自然の摂理。
だが、長い間分泌されていると忘れっぽくなりますので要注意!

必須のホルモンではあるが、不足することはない。
むしろストレスなどによって過剰になるともたらされる
有害性のほうが遥かに大きい。

対応策1:睡眠を十分に取る
対応策2:ストレスを溜めない
対応策3:逆効果のサプリ、食品 を取らない。

・過剰なカフェイン
・早朝のコーヒー
 (カフェインサプリよりもコルチゾルレベルを高く保ってしまう)

セロトニン(Serotonin)

心を安定させてくれるホルモン 別名:リラックスホルモン
心身共に安定した状態の時、分泌されるしみじみ感のホルモン

恋愛の初期段階は、
セロトニンより、ドーパミン、エンドルフィン、PEAが多く分泌されるので
ハラハラドキドキする。

セロトニンは朝の太陽を受ける
ことで分泌され、豊かな情感を
増す効果もあるので朝の早起きはお勧めです。

夜10時から2時までは、睡眠を誘うホルモンメラトニンが分泌の美肌のゴールデンタイム!
メラトニン睡眠は成長ホルモンの分泌促進、成長と、新陳代謝で美肌効果もあるので、

美しくなるにはメラトニンとセロトニンで1セットと覚えましょう。   

慢性的に不足すると、うつ病などにかかりやすくなる。
恋多き人ほど、精神が不安定なのはそのため。
セロトニンは痛覚受容器に作用して痛みを起こす。

バゾプレッシン(Vasopressin)

恋人同士の絆を強めるホルモン 別名:浮気防止ホルモン

下垂体後葉から分泌され、体内の水分バランスを調節する
抗利尿ホルモン・血圧上昇ホルモン。

注意力、記憶力、認識力を高める。
性的なサインを察知し、感情的になるのを抑え、
愛着を持ちやすくなる物質。

男性は、子煩悩で1人の異性との結びつきを強く求める
浮気防止の作用があります。

そのため、ホルモンが多い男性は失恋を
引きずることも多いとか。

一方で、少ない男性は、子供の世話をすることが少なく、
感情的で浮気性。

バゾプレッシンの分泌量は
遺伝でほぼ決まっていて、

年齢による分泌量の低下が見られないため、
生物学者は「浮気性は一生治らない」
といいます。クーリッジ効果という有名な話もあります。
確かに男性は浮気する男性としない男性がいますよね。

恋愛のホルモンは適度の分泌と
各ホルモンの刺激の変化が大事!


なぜなら、一定の決まった刺激には、
脳が鈍感になるように設定されているから、
脳を過敏にせず、退屈させない適度の刺激が、
夫婦関係を新鮮にさせる秘訣です。

   愛のホルモンから女性に行く
(読者の方でご質問がある方はどうぞ、右の質問・感想コーナーをご利用ください
真理子さんからの質問として答えます。)

ホーム に戻る

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)
クオリティ・オブ・ライフ研究所 代表/夫婦円満学校 主宰

家庭と社会に[幸せの魔法]をかける夫婦円満コンサルタント

[家庭外の評価に価値を置く男]と[家庭内の関係性に価値を置く女]の性差と夫婦心理,性格分析,伝わる伝え方で千件以上の夫婦トラブルを解決。来談者の50%が男性。雑誌/テレビなどメデイア掲載・公共団体講演多数[女性の充実人生]を目指し夫婦円満学校主宰

04-7190-5869
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

夫婦の不仲が子供に与える影響 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/21 20:00)

仏女 橋本 亜依 - 恋愛アドバイザー(2013/10/09 12:16)

夫に愛される女はしがみつかない!だから夫婦円満、離婚回避ができる 中村 はるみ - 幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント(2013/08/16 15:32)

愛のホルモンから女性を読む 中村 はるみ - 幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント(2012/12/04 14:48)

女性の不満 藤原 文 - 行政書士(2015/01/02 14:27)