「相手軸3つの前提」②相手は自分とは違う - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸3つの前提」②相手は自分とは違う

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



「答えは相手の中にある」

この事を理解するには、もうひとつの原則を踏まえておかねばなりません。


それは、

「相手は自分とは違う」

と言うことです。


相手と自分は違うと言う事は、極々当たり前の事ですが、これが意外と意識されていません。

違う人間なんだ、とは解っています。

でも、同じ様に理解し、同じ様に考え、同じ様に感じる、と思っているのです。


確かに同じ様・・・なものかも知れませんが、同じではないのです。

よく似ていても、微妙に違います。

この違いがある事を最初から踏まえておかないから、ちょっとしたギャップに、イラつくのです。

それを、常識と違うとか、一般的ではない、と言いますが、

実は自分と違う、と言うことにイラついているのです。


誰しも、相手が自分と同じであってくれた方が、楽ですからね。

同じであって欲しいと、願うんです。


ギャップがある事を認めると、それをいちいち確かめないといけなくなります。

面倒なのです。

だから決めつけます。

そして、ギャップが生まれ、それを強引に合わせさせようとするから、

お互いの間に不信感が生まれるのです。

これの繰り返しです。


相手と自分は違う。

理解の仕方も、考え方も、感じ方も違う。

この基本を踏まえる事で、相手の存在に対して始めて「承認」が生まれます。

相手の存在を認める事が出来るのです。


相手の存在とは、物理的な存在だけでなく、考え方とか気持ちと信念とか、

そういう物も含めて相手は一人の人間なのです。


相手と自分は同じ、と決めつけた段階で、相手の存在を否定しているのと同じ事と言えます。

相手と自分は違う。そこには、理解の仕方の違い、考え方の違い、感じ方の違いが存在する。

それがスタートなのです。


明日は、この三つ目「相手は成長を望んでいる」について、お話しします。


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸な話」㉒会議で最後の美味しい所を持って行く人 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/16 05:41)

「相手軸な話」⑱「は」と「も」で大違い! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/12 05:43)

いよいよ本日9日まで!紀伊國屋協賛キャンペーン開催中! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/09 07:06)

いよいよ明日9日まで!紀伊國屋協賛キャンペーン開催中! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/08 06:53)

本日より!出版記念!紀伊國屋BookWebキャンペーンを開催します 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/07 06:48)