車種の選定 - 税金全般 - 専門家プロファイル

林 高宏
林高宏税理士事務所 
鹿児島県
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

車種の選定

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般


私は、車には興味がない方だと思っていた。

しかし、ある人に「それは違う。だったら買っていない」

と言われ、以来、車が好きな人間と思うことにしている。



しかし、これは男の子が抱く、普通の夢ではないかと内心思っている。

息子は、幼いころ、そこに車があれば、何でもハンドルを持って遊んでいた。

しかし、娘は、そんなことはなかった。



私の車の歴史を振り返ってみよう。

最初に、乗った(購入した)のは、三菱ミラージュだった。



値段は、10万円。

同級生より購入。西宮から北九州まで取りに行った。

職場の同期(同じ大学出身)の友と一緒に。

安月給だったので、半金を手渡し、残りはボーナス時まで待ってもらった。



同級生が言うには、

「当て逃げが2回、されたのが1回。その時ドアが落ちたけど、まあ大丈夫」

とのこと。

ちょっと怖かったし、色も好みではなかったが(黄色)

この際、細部には目をつむることにした。



次が、中古のカローラ。

狭かったが、機能に優れ、運転しやすかった。



その後、高速で、ハイドロプレーンを起こし、大破。

査定に来た者の「半損」という言葉には、少しむっとした。

以来、車両保険は、あまり当てにしないことにしている。



代わりに購入したのが、中古のビガー(ホンダ。アコードの親戚)

この車は好きだった。

関西一円、信州や北陸などへも遠出した。



鹿児島に帰っても、しばらく乗っていた。

この車で、調査へ行った際、調査先に電話があった。

「お前のところに、今、税務署がきてるだろう」という内容だったそうだ。

確かに、まだ神戸ナンバーだった。



この車にも、別れを告げる時がきた。

初めての3ナンバー。マークⅡ1800ccを購入した。

この時、「僕でも3ナンバー買えるんですね」というと、

相手は、笑いながら「買えますよ。望む車なら、なんでも」と言った。

何を馬鹿なと思ったが、実際そうなった。



(注)この時、私の第1希望は、ホンダのコンチェルトだった。

でも、生産終了とのこと。代わりの物は、少々値段が合わなかった。



購入手続きがすんだ、数日後、ビガーが動かなくなった。

こういう場合は、マークⅡの販売店が対処するそうだ。

私は、「まだ走れますよ」と車が文句を言っている風に聞こえた。



次なる車は、VOLVO。外車なんてと思ったが、

メンテを依頼しているところの社長が譲らなかった。

「私の見た目。職業からして、VOLVOかベンツしか考えられない」とのこと。



見た目はどーでもいいと常に思っているので、

私は、マークⅡ3兄弟を当たった。

値段から、チェイサーしか該当するものはなかった。



しかし、分割払いだと、(選択肢はそれしかないのだが)

VOLVOとあまり変わらない。



私の外車人生が幕をあけた。

36,7歳の時だったように記憶している。




このコラムに類似したコラム

税務調査変わります 大黒たかのり - 税理士(2013/08/13 10:42)

平成27年度 所得税の脱税事例 大黒たかのり - 税理士(2016/11/14 11:15)

自動車保険 林 高宏 - 税理士(2013/10/29 16:56)

10月31日で任務終了 林 高宏 - 税理士(2013/09/24 17:15)