契約書作成における注意点 - コラム - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

契約書作成における注意点

- good

・ 5W1Hを明確にします。

・ 自分が実現したいこと,相手に許容することは明確に盛り込みま す。

・ 違約金(契約違反があった場合に支払うことをあらかじめ約束した金銭)や解除条項(解除とは、契約関係を終了させ、契約がもともとなかった状態にすること)等の契約に変化を来す条項については一層明確に確認します。

・ 法律に違反しない契約書を作成する。

(例えば,公序良俗に反する契約は無効です。)

・ 無意味に長い必要はないし,あいまいな条項は不要です。

・ 通常,合意管轄を入れます。合意管轄とは,その契約について裁判を起こす場合に、どこの裁判所で裁判をおこなうのかを合意することです。

合意管轄の例:

「甲乙間に争いについては,東京地方裁判所を管轄とする。」

このコラムに類似したコラム

契約書作成における注意点 東郷 弘純 - 弁護士(2012/11/10 16:35)

賃貸マンション契約時の実印・印鑑証明書について 柳 一幸 - 不動産業(2013/09/12 18:21)

契約期間中の所有者の変更について 柳 一幸 - 不動産業(2013/08/01 11:00)

事例1の場合の対策 東郷 弘純 - 弁護士(2012/11/18 23:37)

事例1 東郷 弘純 - 弁護士(2012/11/17 23:35)