unconventional wreath - フラワーアレンジメント - 専門家プロファイル

原川 佳絵
Eka Art Salon 代表
東京都
フラワーアレンジメント講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:絵画・工芸・フラワーアレンジメント

松本 邦子
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)
原川 佳絵
原川 佳絵
(フラワーアレンジメント講師)
井上 一恵
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)
エリー・グレース
(アートインストラクター)
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。


10月31日(水)からスタートする


クリスマスレッスンのお知らせです。


2012年のテーマは「unconventional」。



たとえばの話ですが、


NYやParisで飾られているクリスマスリースって


定番のモミを使ったナチュラルリースが主流ではありますが、


一方、ちょっと型破りなというか、


斬新なデザインのものも意外と多かったりします。


具体的にいうと、異素材を組み合わせたもの。


フェザーや、アルミのカラーワイヤーを巻きつけたものなど


外国のフラワーアーティストは想像力が豊かだなぁと


感心してしまうくらいです。




私も前々から、斬新なデザインのリースを作りたいという願望がありました。


でも、一般の人が自宅に飾るとき選ぶのはナチュラルリース。


しかも東京郊外に行けば行くほどその傾向が強いと


あるフラワー関係者が言っていました。


私はそんなジレンマを抱えながらも、今年はあえて挑戦したかった!




そしてあれこれ悩んだ末に辿り着いたのが今回のリースです。


花はアーティフィシャルの胡蝶蘭を使っています。


生花だと高値ですが、アーティフィシャルだと手軽に使えるのがメリット。


この胡蝶蘭も外国では大変よく使われる花材です。


リースにはヤーンという糸を巻きつけました。


これがフワフワとして、なんともファンタスティックな印象に!


ゴールドや赤でギラギラと明るくするよりも


スタイリッシュな印象を優先にしたかったので


リーフやピック類はすべてシルバーで統一。


そして濃すぎず薄すぎない微妙なパープルのサテンリボンを使って


アクセントを出しました。



自分ではベストを尽くしたと思います(笑)


アーティフィシャルのリースなら屋内・屋外どちらに飾っても大丈夫。


そして冬の間だったらクリスマスに限らず飾っても違和感のない


デザインなのでおオススメです。



いよいよクリスマス本番です。


今年のクリスマス、ぜひあなたの手作りのリースを飾ってみてください。



PS

生花のクリスマスレッスンは、モミの到着待ちのため


来月中旬以降スタート予定です。


またブログでお知らせしますのでちょっと待っていてください。





にほんブログ村

このコラムに類似したコラム

プレゼントに素敵なクリスマスリースを♪ 井上 一恵 - フラワーアレンジメント講師(2013/10/24 19:25)

プリザーブドフラワー・クリスマスレッスンのお知らせ 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/10/24 16:34)

レッスン風景~プリザーブドフラワー・キャンドルアレンジメント~ 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/09/28 17:02)

アーティフィシャル・インテリアフラワー 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/02/28 11:13)

クリスマスアフタヌーンティータイムのために♪ 井上 一恵 - フラワーアレンジメント講師(2012/12/19 18:30)