住宅ローン破綻してしまったが、自宅を手放したくない、、、 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン破綻してしまったが、自宅を手放したくない、、、

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

住宅ローン破綻してしまったが、

長年住み慣れた自宅をどうしても
手放したくないという方は多い。

離婚などで家族が離れてしまい、
一人になってしまったら
ほとんどは一部屋しか使わないわけだから、
逆に手放してしまったほうが経済的ではあります。


住宅ローン破綻した場合の買戻には、
整理回収機構などを除き、
たとえ身内であっても
ほとんどの債権者は応じてもらえます。

ただし、
債務者の身内が購入するわけだから
なるべく安く購入したいものです。
ここで問題なのは、
その買い戻すときの価格です。
その買戻しの価格に妥当性と透明性がなければ、
債権者との折衝はうまくいきません。


この価格の算出については、
任意売却専門不動産業者に安くなるように
査定をだしてもらえばいいわけですが、
債権者としてはなるべく多くの回収をしたいわけですから、
自分でもある程度の査定はしています。

このでの折衝力が
任意売却専門不動産業者の腕の見せ所です。
いろいろ理由をつけて、
対象不動産の価値を下げるレポートを
作成できるかにかかっているのです。


このコラムに類似したコラム

任意売却中は、債権者の自宅への取立てはないの? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/01/30 08:40)

任意売却では必ずしも高い査定がいいわけではない 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/13 08:40)

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

担保不動産競売開始決定通知を受け取りましたが、任意売却は出… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/16 08:42)

任意売却の失敗例ー1(一般の不動産会社へ依頼) 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/06/22 07:03)