改正著作権法について考える - コラム - 専門家プロファイル

大坂 寿徳
株式会社プロテクトアンドアタック 代表取締役
東京都
保険アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

改正著作権法について考える

- good

平成24年10月1日より
改正著作権法が施行された。

内容は
インターネットから動画や音楽をダウンロードすると
2年以下の懲役や200万円以下の罰金を科される可能性があるというモノだ。

今回は有料で販売されているものと知りながら
無料系のサイトなどからダウンロードした場合が該当するようだ。

しかし、有料か無料の線引きは難しい。
例えばドラマは無料で見ることができる民放の番組などがあるが
各局、オンデマンド配信という形で
別のサイトにて有料で販売している。

また、音楽や動画などというように定義されているので
静止画も広い意味では対象と考えれるようにも思える。

さらにリッピング(CDやDVDをコピーする行為)
これは私的利用であれば従来問題ないと考えられていたが
今回罰則の対象になるようです。

DVDレンタルのカウンターでは必ずと言っていいほど
コピー用のDVDやCD-Rが販売されているが。。。

原則的には
被害を受けた側が被害を訴え出ることが条件となるが

もし、誤解とはいえ訴えられてしまった場合、
個人や企業で訴訟コストがかかってしまいます。

無料だと思っていたものが
実は一定の条件をクリアしないと
無料となっていない場合もあるので

この法律が施行された以上は
知らなかったということは、難しくなります。



自己防衛する手段を考えていかなければならない。

このコラムに類似したコラム

コミテン☆ 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/12/12 17:09)

「創業補助金」は、起業後の人でも対象になる場合もある! 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/12/03 05:28)

「 創業補助金という国の制度をご存知ですか? 」 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/12/02 05:57)

「 見込み客 」を集める! 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/11/19 14:09)

第936号:言葉を選ぶ訓練 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/11/05 07:43)