ポジティブワードを癖にしよう - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ポジティブワードを癖にしよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ

人材・教育業 ブログランキングへ



ネガティブに捉える。

ポジティブに捉える。


物事や現象などを、理解するときに、どちらの捉え方でも出来るという話を以前書きました。


心配性。

これは、ネガポ辞典によりますと、

①細かなことにも気づける

②想像力が豊か

③用意周到

④忘れ物が少ない

⑤優しい

と、5つもの「ポジティブ変換用例」が出てきました。

神経質・・・も同じだったりします。


危機管理においては、

「悲壮感を持って準備をし、楽観的に対処する」

が大切であると言うことも書きました。

これも、準備段階での「悲壮感」って、捉え方によれば、「神経質~ネガティブ」と捉えることも

「用意周到」「準備万端」とも捉えることが出来ます。


ポジティブシンキングって、考え方なのでしょうか?

私自身を振り返ると、

口癖が「ラッキー」だったりします。

「ありがとう。」も口癖に近いくらいよく言います。

「ま、いいか」なんかもよく言います。

「ああ、よかった~」も使います。

トラブルが起こっても使います。

「チャンス!」も同じです。

トラブったら「チャンス!」です。


ナインティナインの「岡村隆史」がよく言う

「よし、切り替えていこう!」

も、私は好んで使います。


ネガティブだと自分を傷つけるような気がします。

相手も傷つけるような気もします。

ポジティブの方が、楽なんです。

相手を信じているか信じていないかの違いのような気もしますが・・・


こう言うポジティブな捉え方って、考え方や性格ではないような気がしています。

単なる、癖。

単なる、習慣。

じゃあないのかな?と思うのです。

自分軸や相手軸でもないような気がします。


あまり深く考えなくても、

癖や習慣だと、1ヶ月もすれば身につきます。


元々の性格やポリシーや、宗教観や人生観や、血液型やコミュニケーションタイプや、

立場やミッションやらで

ネガティブやポジティブに分かれなくても良いんです。


口癖をポジティブにするだけで良いんです。

ラッキー!

チャンス!

意識して1日に10回も使えば、1ヶ月後に癖になります。

結構楽しいですよ~


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸な叱り方」㉜相手の受け入れ準備を確認する 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/27 05:31)

「相手軸な叱り方」㉛「叱っていない」のに叱られたように感じる 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/26 05:15)

「相手軸な叱り方」㉕逆切れされない叱り方 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/20 05:42)

「相手軸な叱り方」㉔目は口ほどにものを言う 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/19 10:47)

「相手軸な叱り方」⑪原因を考えるのも成長のプロセス 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/06 06:31)