IT人材の重要性 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT人材の重要性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はIT人材についてのお話です。

最近、大手企業ではCIO(最高情報責任者)の存在が当たり前になりましたが、中堅・中小企業での認識はまだまだ低いのが現状です。

CIOなどという大げさなものである必要はないのですが、IT化について経営の視点とITの視点の両面から検討できるIT人材が必要です。

多くの場合は、IT化はパソコンに詳しい担当者が兼任で対応して、できる範囲内で担当者が対応する。その他は外部ベンダーに依頼するという形になっているようです。

このような状態では、経営の視点が欠如したIT化が進む可能性が高まることは否めません。

IT化の責任者は細かい技術についての知識はそれほど重要ではありません。むしろ経営の視点で、「どんなことがしたいのか」「どんな問題を解決したいのか」といったことを整理し、IT化に求めることを明確にすることの方が重要です。

IT人材が不足している場合には、外部リソースを活用してIT人材を育成することを検討してみましょう。
経営資源の制約が大きい中堅・中小企業だからこそ、IT化について真剣に考えたいものです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

本当に重要な情報(2017/10/10 09:10)

提案依頼(2017/09/06 10:09)

誰が話すか(2017/08/17 10:08)