ダイレクトマーケティング - ブログ活用 - 専門家プロファイル

和久井 海十
セルフメディアエイジェント 
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:Webマーケティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイレクトマーケティング

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. ブログ活用

ダイレクトマーケティングの世界では、
既に1度売っているお客さんにもう1度商品を売ることは、
新しいお客さんに売るより5倍簡単だといわれています。


1度商品を売った時点である程度の人間関係を


そのため、はじめが肝心と買ってもらうための戦略をいろいろ検討される事でしょう。


しかし、そもそもお客さんはあなたと、あなたの扱う商品を知りません。
知っていただくためには、あなた自身と商品の価値を無料で提供してあげることで、
お客さんはあなたの話に耳を傾けてもらえるはずです。


いわゆるフリー戦略で成功しているのは、
巨大ソフトウェア企業として世界的に知名度をあげている
YouTube,Twitter,Yahoo,Google,skype,mixi,facebook・・・などなど
いずれもビックネームばかりです。


これらはみな無料ソフトウェアを提供し成長拡大をしてきました。


そして今後のインターネットビジネスにおいて、
このフリー戦略をいかにして活用するかで、他社を圧倒できるかどうかが
決まってくるのだと思います。


なぜ、いま敢えてフリー戦略について言及するのかと言えば、
成功事例があるものの実はまだ多くの企業がフリー戦略におよび腰だからです。


自分たちの持っている商品の「価値」を無料で提供することで、
それ以降の「価値」に対してお金をもらえない、
「価値」を感じてもらえなくなると捉えるからこそ、
フリー戦略は普及しないのでしょう。


実際はまったく逆です。無料で「価値」を与えれば与えるほど、
さらにその「価値」が欲しくなるのが人情なのです。



「フリーミアム」という新しいビジネスモデルを提唱し、
無料経済に正面から取り組んだニューヨーク・タイムズ・ベストセラー
『ロングテール』の著者が描く21世紀の経済モデル」
クリス・アンダーソンの「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」
では、


「なぜ、一番人気のあるコンテンツを有料にしてはいけないのか?」
「ビット経済では95パーセントをタダにしてもビジネスが可能なのか?」に
ついて説いています。


だからといって、やみくもに無料にしろという訳ではありませんよ。
大切なのはいかにあなたのもつ商品、サービスの良さを実感していただくための
フリー戦略です。


自分自身、フリー戦略の重要性について再確認できたのは、
「Amebaブログで売上げを10倍にする技術」の出版が決まったときです。


それまで、Amebaブログを戦略的に使う事で、いかにビジネスに貢献するのか
私の経験を通じて発信していました。そして、Amebaブログで発信したものが、
執筆の軸になっています。


あなたのサービス、あなたの商品、そしてあなた自身を知って頂くために

あなたの取り組むビジネスブログでの情報発信は、実はフリー戦略のひとつなのです。
ぜひ、そのことを意識してブログに取り組んでいきたいですね。


このコラムに類似したコラム

アメブロカスタマイズで、ソーシャルメディアからも集客しよう! 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/05/16 15:54)

フェイスブックで「いいね」を増やすために 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/05/01 09:27)

忘れがちな大前提 和久井 海十 - ITコンサルタント(2013/03/26 07:00)

スキップされない広告 和久井 海十 - ITコンサルタント(2013/02/04 07:00)

ネット広告はどこへ? 和久井 海十 - ITコンサルタント(2013/02/03 07:00)