永遠のゼロ - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 愛子
株式会社シナジー・マネージメント 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

永遠のゼロ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

こんばんは。(σ・∀・)σ



シナジー・マネージメント  高橋です。


気づけば、もうこんな時間・・


でもまだまだ仕事です。



さて、久しぶりに涙が止まらくなりました。

この本を読んだからです↓


永遠の0 (講談社文庫)/講談社
¥920 Amazon.co.jp


ある方に勧められて、本当にずっと読みたかった本。


すばらしかった。


長編小説でとても読み応えがありますが、


毎日、気がつくと寝ていた・・と言うほど寝る前に


読み続け、3日程で読破しました。


戦争の特攻隊の話です。


とにかく、深く、切ない。そして、読み進めるうちに


宮部という人物像に引き込まれていきました。


クライマックスを読んだ時、そうだったのか!!と驚きました。


なんて切なく、深い愛。いや、そんな言葉では


表しきれない、つらく悲しい時代に生きた男たちの


想いで何度も本を閉じて考えてしまいました。



その中で、印象に残った言葉、


必死とは、必ず死ぬと書く。


特攻の人たちは必ず死ぬ。


必死で現代の人間は生きていない。


必死でやっているようで、実は必死ではない。


みたいな言葉がありました。



必死の意味を調べてみると、


・必ず死ぬこと


・一所懸命やること


・死ぬ覚悟で全力を尽くすこと。また、そのさま。


とありました。


必死=必ず死ぬ


という意味の認識がなかったのに改めて思いました。


戦争時代と現代、同じに考えてはいけないと思うが、


必ず死ぬという現状の中で今を必死に生きた男たち。


その気持ちは多分私の想像を絶することだと思います。


その多くの若者たちの命が犠牲になったからこそ、


今の日本がある。


この平和な時代に生まれた私たちは、


今を必死に生きているだろうか?


私は、必死には生きていない。


と思いました。


死ぬ覚悟でやることなどあまりないかもしれません。


しかし、必死で生きることはできる。


と心を入れ替えました。



この本は、読み返したくなる本です。


いつもは、読み終わると人にあげたり、処分したり


するのですが、この本は永久保存版にしたいと思いました。



来年、映画化になるようです。


原作のイメージが崩れないと良いなと思いますが、


絶対、見たい映画です。



まだ読んでいない方、必読!!






   任意売却支援ネット





このコラムに類似したコラム

自己完結型女 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/02/08 16:19)

飛騨高山の旅② 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/04/08 08:48)

飛騨高山の旅① 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/04/07 14:33)

自分メンテ☆ 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/03/27 19:45)

肉・肉・肉! 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/03/26 22:06)